t-yagyu.cocolog-nifty.com > 08月:高岡流綱火写真帖

01奉納花火受付

01奉納花火受付

綱火の合間に打ち上げ花火が上げられます。
この花火は奉納花火として、打ち上げの時奉納者の名前が独特の口上のもと紹介されます。
「続いての御奉納!つくばみらい市の***殿これ御奉納!中の仕掛けは六寸の菊!」
ド~~ン


02綱火を待つ

02綱火を待つ

夕焼けの頃、場所取りをしながら、綱火の始まりを待ちます。


03たちはな

03たちはな

手製の花火「たちはな」、竹筒に伝来の火薬をつめて作ります。100本ほど奉納されます。


04くりこみの様子

04くりこみの様子

高岡流綱火は「くりこみ」で始まります。
午後7:30 集落の中央にある公民館より出発して、愛宕神社まで行列をつくります。
先頭の人々は「たちはな」の火花を散らしながら、囃し手や行列を先導します。
神社境内に着くと、それぞれ手にもった「たちはな」に点火。
峻烈な火花を社殿が燃えあがらんばかりに奉納します。神様は花火がお好き!


05くるくる

05くるくる

手製の花火「くるくる」、渦巻き状に火花をまき散らします。


06繰り込みの様子

06繰り込みの様子

「くりこみ」の時、「くるくる」も奉納されます。今回は4本だけでした。
銀河宇宙のようで、おもしろい花火です。
「くりこみ」ではあたり一面火の海になり、「たちはな」がたまに暴発して危険きわまりない神事です。数年前には社殿が全焼したそうです。消防隊がまわりで見張っています。


07危険な服装で

07危険な服装で

「たちはな」を手に、これから「くりこみ」に参加しようという人がいました。
この服装では、暴発した火花が飛んでくるので、非常に危険です。


08横綱火

08横綱火

8:00頃より「二六三番叟」が始まり、横綱火と仕掛け花火が奉納されます。
横綱火は境内に張り渡した30mほどのロープをアッという間に往復します。


09仕掛け花火

09仕掛け花火

「くるくる」系の仕掛け花火です。


10仕掛け花火

10仕掛け花火

祝愛宕山祭礼


11浦島竜宮入り海辺の花園

11浦島竜宮入り海辺の花園

芸題「浦島竜宮入り海辺の花園」の場面です。
中央舞台から亀に乗ってきた浦島太郎が竜宮に入ります。
竜宮入口では乙姫様が出迎えています。
亀の前側からでているのは「モロモロ」というゆっくり燃える花火です。


12乙姫様さようなら

12乙姫様さようなら

芸題「浦島竜宮入り海辺の花園」で楽しい時を過ごした浦島太郎が乙姫様に別れを告げ、亀に乗って帰るところです。


13壮絶空中戦

13壮絶空中戦

芸題「壮絶空中戦」。
二機のジェット戦闘機が空中戦を展開します。
背景は名峰筑波山を模した仕掛け花火です。


14縦花火?

14縦花火?

最後はすさまじい炎を吹き上げる花火がとどろきます。


15NHKによるテレビ中継の様子

15NHKによるテレビ中継の様子

今年「綱火」はテレビ中継されました。
NHK「日本の祭り2006夏:からくり人形が炎に舞う伝統の花火祭り」の収録の様子です。
写真左からNHK小松アナウンサー、更進団前団長 河原井一元さん、茨城県文化財保護審議会副会長 室伏勇さん。
女性プロデューサーが手を挙げて秒読み中です。,5/4/3/・・。