芸題「浦島竜宮入り海辺の花園」で楽しい時を過ごした浦島太郎が乙姫様に別れを告げ、亀に乗って帰るところです。