芸題「浦島竜宮入り海辺の花園」の場面です。
中央舞台から亀に乗ってきた浦島太郎が竜宮に入ります。
竜宮入口では乙姫様が出迎えています。
亀の前側からでているのは「モロモロ」というゆっくり燃える花火です。