高岡流綱火は「くりこみ」で始まります。
午後7:30 集落の中央にある公民館より出発して、愛宕神社まで行列をつくります。
先頭の人々は「たちはな」の火花を散らしながら、囃し手や行列を先導します。
神社境内に着くと、それぞれ手にもった「たちはな」に点火。
峻烈な火花を社殿が燃えあがらんばかりに奉納します。神様は花火がお好き!