夕焼けの頃、場所取りをしながら、綱火の始まりを待ちます。