t-yagyu.cocolog-nifty.com > 07月:会津田島祇園祭り写真帖

01花嫁行列の準備

01花嫁行列の準備

 早朝からお党屋に集まった花嫁たちが、七行器(ななほかい)行列にそなえて、メインストリートにお出ましになる。
 行器(ほかい)は主に食べ物を家から運び出すのに用いる容器で、平安時代から大正時代まで使われていたようです。
江戸時代から明治にかけて婚礼の時、嫁側が届ける慣わしでした。
(8月13日放送の「功名が辻」の中、関白秀吉の妹旭が徳川家康に輿入れする場面で嫁入り道具の一つとして、準備されていました。)


02花嫁の整列

02花嫁の整列

七行器(ななほかい)行列にそなえ、42名の花嫁がメインストリートの中央線上に整列しました。


03双子の花嫁

03双子の花嫁

なんと双子の花嫁さんが行列に参加していました。


04行列が始まる。

04行列が始まる。

午前7時30分いよいよクライマックスの七行器行列のはじまりです。後ろは屋台で前夜子供歌舞伎が上演されました。


05外国人の花嫁

05外国人の花嫁

地元中学校の英語先生らしいが、華やかな花嫁姿で参加していました。


06花嫁行列

06花嫁行列

大きな家をバックに撮影しました。
通りには見物客、カメラマンであふれていました。


07七行器(ななほかい)行列

07七行器(ななほかい)行列

七行器をささげ持ち行列をする花嫁。
七行器には赤飯、鯖などが納められ、田出宇賀神社、熊野神社に献上される。
行列は途中何度も止まり、行器の持ち手が交代します。
七つの内、行器は3個、どぶろくを入れた酒樽2個(裃の男子が奉納)でした。後2個の確認は次回にします。


08記念写真

08記念写真

神事の後、花嫁全員で記念撮影が行われました。うわっと華やかでした。


09花嫁撮影会の様相

09花嫁撮影会の様相

神事の後は花嫁にカメラマンが群がり、撮影会の様相になりました。にっこりと笑顔を作ってくれる花嫁は人気ものです。


10赤い番傘

10赤い番傘

赤い大きな番傘を日よけにかざしてもらい、記念撮影に、カメラマンが群がりました。


11アイスフラッペ

11アイスフラッペ

晴れて暑い朝でした。花嫁もア~暑い。アイスフラッペで涼を取っていました。


12稚児

12稚児

行列に参加する稚児たち。出発前に田出宇賀神社で撮影しました。


13先導役

13先導役

この特異な風貌のおじさんは神輿行列の露払いか?
頭に乗せているのはゲタ、手には軍配をもっていました。