t-yagyu.cocolog-nifty.com > 07月:鷲子祇園祭り写真帖

01鷲子山上神社

01鷲子山上神社

 鷲子山上神社は栃木県(那珂川町)と茨城県(常陸大宮市)との県境に位置した標高460mの山上にあります。拝殿への石段に県境を示す表示がありました。社務所は栃木県よりにありますが、祭りは茨城県側、鷲子地区で行なわれます。
 神社の創建は807年(大同二年)、地元の大蔵坊宝珠上人が諸国を遍歴中に四国阿波の国で製紙の神に会い、産業の振興のためにこれを勧請したといわれています。


02神鳥フクロウ

02神鳥フクロウ

 境内には様々な形のフクロウの彫刻が置かれていました。その中でお茶目なフクロウがこの
写真です。
鷲子山上神社では、古い時代よりフクロウが幸福を招く神鳥・大神様のお使いとして崇敬されています。これは御祭神が天日鷲命(アメノヒワシノミコト)と謂われる鳥の神様であることに寄ります。フクロウは「不苦労」「福老」等とも記され、幸福を運んでくれる神鳥として大切にされています。


03祭り役人

03祭り役人

神事の後神輿の出発準備中、祭り役人は一休み。
これから神輿と一緒に一日中歩くことになる。


04鳥居土地区を運行

04鳥居土地区を運行

鷲子山上神社から降りてくる神輿を迎えに鷲子山の麓まで練り歩く。
今年はまだアジサイの花がさいていました。


05鳥居土組みに集合

05鳥居土組みに集合

各組みの山車屋台が鳥居土組に集合した様子です。


06花輪組の屋台

06花輪組の屋台

彫り物に彩色を施していないのが屋台です。見事な鷲子彫りです。


07宿組の山車

07宿組の山車

派手な彩色を施されているのを山車と呼んでいます。


08神主

08神主

神主は地区の人々に挨拶しながら、徒歩で神輿について渡御しています。


09花輪組で神事

09花輪組で神事

神輿と山車が各組に集合するたびに神事が行われます。


10屋台で遊ぶ

10屋台で遊ぶ

神事の間、子供達が屋台で遊ぶ


11昼食

11昼食

車座になって昼食を取っています。
早朝からの深夜までの運行なので3度の食事をしっかりとり、体力を付けないとへばってしまいます。


12Wの剃り込み

12Wの剃り込み

6月にワールドカップサッカーがあったので、Wの剃り込みで頑張っています。


13夕闇

13夕闇

夕闇迫る頃下郷祭礼場に到着、提灯に灯りが入りました。


14水戸藩YOSAKOI連

14水戸藩YOSAKOI連

下郷祭礼場では余興として、美和太鼓の演奏、水戸藩YOSAKOI連によるよさこいソーランが行われました。雨が降る中、足下はドロドロ、踏ん張れないけれど、熱演でした。


15ブンヌキ

15ブンヌキ

余興の最後はブンヌキ合戦。
各組の屋台山車がその威勢のよさを競い合います。