神主は地区の人々に挨拶しながら、徒歩で神輿について渡御しています。