境内には様々な形のフクロウの彫刻が置かれていました。その中でお茶目なフクロウがこの
写真です。
鷲子山上神社では、古い時代よりフクロウが幸福を招く神鳥・大神様のお使いとして崇敬されています。これは御祭神が天日鷲命(アメノヒワシノミコト)と謂われる鳥の神様であることに寄ります。フクロウは「不苦労」「福老」等とも記され、幸福を運んでくれる神鳥として大切にされています。