鷲子山上神社は栃木県(那珂川町)と茨城県(常陸大宮市)との県境に位置した標高460mの山上にあります。拝殿への石段に県境を示す表示がありました。社務所は栃木県よりにありますが、祭りは茨城県側、鷲子地区で行なわれます。
 神社の創建は807年(大同二年)、地元の大蔵坊宝珠上人が諸国を遍歴中に四国阿波の国で製紙の神に会い、産業の振興のためにこれを勧請したといわれています。