いよいよ花相撲です。
下番から選ばれた2~5才位の子供達は、苗字や名前からとったしこ名を刺繍した揃いの化粧回しを着けています。
今回は泣き出す子供が多く、取り組みにならず、行司親たちが四苦八苦していました。
勝負は「行司預かり」で両者負けなしで決着がつくようになっています。