馬鹿っばやしと呼ばれる笛、太鼓、鉦(かね)のにぎやかな囃子と共に神楽を乗せた山車が参道を練り込んできました。