八つ口(てっぺんの花火)に点火され、傘のまわりから滝のように火花が降り注ぎます。
その様子が雨を連想させるので、雨乞いの神事として奉納されるようになったようです。