花火の色が白くなり、傘のまわりから火花が滝のように降り注ぎます。
 大畑地区は地名のとおり畑作地帯で、雨が降らないと畑はたちまち干ばつの被害を受けます。そこで雨乞いの願いを込め、お囃子と花火を奉納したもの言われています。
 現在では霞ヶ浦より用水され、畑果樹園などを潤しているそうです。