神楽舞が終わるやいなや、「おひねり」がバラバラバラッとまかれます。
講中の人々がお祝いにまくようです。