練り込みの獅子は拝殿に登り神楽舞を奉納します。
囃子は太鼓1,小太鼓2,鼓(つつみ)8、鉦(かね)2,笛2でにぎやかに行われます。
舞いは「四方固め」「御幣の舞」「鈴の舞」が舞われた後、「喜びの座」の激しい舞へと変わります。
江戸時代後期より伝わる「勇壮豪快」な動作が、見る者を引き付けます。