01月:高浜海岸元旦御輿渡御04写真帖

  • P1010064a
    元日の日の出とともに冷たい海を練り歩く。

01月:鍬の祭05写真帖

  • Img_1881a
    豊作を祈願する田遊びの神事

01月:真壁どんど焼き03写真帖

  • P1010022a
    小正月十四日に子どもたちが中心になっておこなう行事

01月:寒川の花桶かつぎ04写真帖

  • P1010004a
    振り袖姿の少女たちが花桶をかつぐ

01月:西丸山祈祷囃子04写真帖

  • P1010024a
    家内安全と五穀豊穣を祈る

01月:はねつき神事07写真帳

  • Img_5374a
    はねつきにより今年の豊凶を占います。

02月:嵐除祭06写真帖

  • Img_5041c
    全国的にも珍しい「田楽舞」が奉納されます。

02月:烏よばり07写真帖

  • Img_7333c
    豊作を烏(からす)で占う農耕行事

03月:会津彼岸獅子04写真帖

  • Img_0335c
    春まだ浅い会津にやってくる「会津彼岸獅子」、春の訪れを告げ使者。

03月:舟引き祭りと巫女舞05写真帖

  • Img_6481c
    青い妖精「巫女舞」に感激します。

03月:金砂大祭礼写真帖3月24日鯨が丘行列

  • P1010028c
    蔵の街並みを大行列が行きます。

04月:日立さくらまつり写真帖

  • Img_7232c
    日立風物、日立のささら、ひたち舞祭など楽しいイベントで楽しみましょう。

04月:摩多羅鬼神祭08写真帖

  • Img_0673c3
    京都・広隆寺の摩多羅祭とともに日本二大鬼神祭の一つといわれる雨引観音の「摩多羅鬼神祭」が8年ぶりに復活しました。

カテゴリー

無料ブログはココログ

2008年3月22日 (土)

子ども民俗芸能交流会 水木ささら

第1回子ども民俗芸能交流会 文化を受け継ぐ・伝統を育むこころ
開催日:平成20年3月16日(日)午前10時50分から午後3時(昼休み無し)
会 場:大和ふれあいセンター(シトラス)ホール
    桜川市羽田989-1

<b>水木ささら保存会</b>演目は「ささら舞」 Img_875c32
 水木ささらは、日立市水木町に鎮座する泉神社のご出社大祭のときに露払いとして神輿を先導する一人立三匹獅子舞です。
日立市内七つの集落に伝えられている獅子舞の一つです。
五穀豊穣や浜大漁、住民の安寧を祈って奉納されます。
舞の構成は、大獅子、中獅子、雌獅子の3頭と華やかに飾り付けられた「しゃぐま」が2~4人、このほかに金棒ひき、しの笛と警護が数人つきます。

日立のささら 茨城県指定無形民俗文化財
宮田ささら、会瀬ささら、大久保ささら、助川ささら、諏訪ささら、水木ささら、成沢ささら

2008年3月18日 (火)

03月:第1回子ども民俗芸能交流会 中田永代太々神楽

第1回子ども民俗芸能交流会 文化を受け継ぐ・伝統を育むこころ
開催日:平成20年3月16日(日)午前10時50分から午後3時(昼休み無し)
会 場:大和ふれあいセンター(シトラス)ホール
    桜川市羽田989-1

中田永代太々神楽  古河市 中田永代太々神楽保存会Img_8733c3
演目は「第二座 五行の舞(ごぎょうのまい)」
「第三座 那岐・那美(なぎ・なみ)の舞」
  (伊邪那岐命(いざなぎのみこと)、伊邪那美命(いざなみのみこと)の舞」)

 古河市中田町の鶴峯八幡神社に継承されている永代太々神楽。
江戸時代中期の享保10年(1725)に起こり、近郷近在の神職たちにより例大祭の時に奉納されてきました。
 神楽は「出雲流神楽」で「十二座神楽」とも呼ばれ、神話の天地開闢(てんちかいびゃく)の舞をはじめとして日本神話に登場する神々の舞です。
 無病息災、五穀豊穣、家内安全を祈願して奉納さています。

※五行の舞(ごぎょうのまい)、那岐・那美(なぎ・なみ)の舞の解説

柳橋岩戸神楽  (柳橋永代太々神楽)より
古河市柳橋(旧猿島郡総和町) 愛宕神社

第二座 五行の舞
 中央に黄色い幣束がおかれている。
そこに素面で、青、赤、白、黒の幣束をもち、右手に鈴の四人の舞手が現われる。
青は東、赤は南、白は西、黒は北の方角を、中央の黄色は土の神を表す。
 また、天地創世に必要な五元素を意味するともいわれ、黄の幣束の周りを舞うことは、国を堅固にすうるための舞であるといわれる。

第三座 那岐那美(なぎなみ)の舞
 伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)の二神が榊と鈴を持ち、中央と四方で右廻りや左廻りの舞を舞う。
 神々を生み出したとされているこの二神の喜びを表したもので、子孫繁栄あるいは開運を祈る舞である。

03月:第1回子ども民俗芸能交流会 真壁祇園囃子

第1回子ども民俗芸能交流会 文化を受け継ぐ・伝統を育むこころ
開催日:平成20年3月16日(日)午前10時50分から午後3時(昼休み無し)
会 場:大和ふれあいセンター(シトラス)ホール
    桜川市羽田989-1

真壁祇園囃子 真壁小学校 お囃子グループ
演目は「ぶちかけ」「おかめ」「みんば」「きっちょい」「さんぎり」「ひょっとこ」
 桜川市真壁地区を舞台とする夏祭り真壁祇園祭典では、各町の山車ごとににぎやかなお囃子が演奏され祭りを盛り立てます。
 普段は町内ごとに練習していますが、真壁小学校6学年の総合学習では、このお囃子をとり入れてグループを結成し、大太鼓1、小太鼓2、笛1、鉦2で演奏を披露します。
 真壁祇園祭典は「五所駒瀧神社の祭事」として国選択無形民俗文化財となっています

「たくさんの人に感動をあたえるお囃子のすばらしさを伝えたい」

詳細データは「03月:第一回子ども民俗芸能交流会 真壁祇園囃子08写真帖」をご覧ください。

2008年3月17日 (月)

03月:第1回子ども民俗芸能交流会 常盤津「将門」

第1回子ども民俗芸能交流会 文化を受け継ぐ・伝統を育むこころ
開催日:平成20年3月16日(日)午前10時50分から午後3時(昼休み無し)
会 場:大和ふれあいセンター(シトラス)ホール
    桜川市羽田989-1

 西塩子回り舞台保存会 常磐津教室 演目は「将門(まさかど)」 Img_8546b4
常陸大宮市の回り舞台は、丸太と青竹を縄で結わえて組み立てられた巨大なドーム型の回り舞台で、日本最古の組立式の農村歌舞伎舞台です。
 平成9年、江戸時代後期の道具を使い、半世紀ぶりに組み立てられました。
それを機会に、地元で歌舞伎の公演に取り組み、子どもたちも「子宝三番叟」「白浪五人男」、常磐津「将門」などの歌舞伎を披露しています。
(西塩子回り舞台は茨城県の 有形民俗文化財に指定されている。)

常陸大宮市 西塩子回り舞台保存会・常盤津教室の子どもたちが「将門」を見事に演じきりました。拍手喝采です。

常磐津「将門」 
本名題を「忍夜恋曲者(しのびよるこいはくせもの)」といい、常盤津の代表曲の一つ。

平将門滅亡の後その娘、滝夜叉姫(たきやしゃひめ)は、ガマの妖術を使ってお家の再興を図ろうとします。
平将門の残党討伐に下総まで下ってきた大宅太郎光圀(おおや たろう みつくに)を、将門の遺児滝夜叉姫(たきやしゃひめ)がガマの妖術と色香をもってたぶらかし、味方に引き入れようとするが見破られてしまうという筋書きで、壮大な怪奇美にあふれた舞踊劇です。

この曲は浄瑠璃も踊りも最高傑作とされる曲であり、栃木県烏山の山あげ祭りには数多く演じられています。

03月:第一回子ども民俗芸能交流会 「西塩子回り舞台・将門」08写真帖をご覧ください。

続きを読む "03月:第1回子ども民俗芸能交流会 常盤津「将門」" »

03月:子ども民俗芸能交流会 三和祇園囃子

第一回子ども民俗芸能交流会 
開催日:平成20年3月16日(日)午前10時50分から午後3時(昼休み無し)
会 場:大和ふれあいセンター(シトラス)ホール
    桜川市羽田989-1

三和祇園囃子 三和祇園囃子諸川子ども会 
演目は「からす」「おかざき」「ぶっきり」「てんまり」Img_8444b4
 古河市諸川にある長宮神社の夏の祭礼に演奏される祇園ばやし。
永享10年(1438)ごろ始まったと伝えられています。
五穀豊穣、災厄防除、悪疫退散の願いを込めて奉納されたもの。
 その昔、加波山神社の祭礼にも法楽されたことから、明治年間まで「加波山ばやし」ともよばれました。
 太鼓1、小太鼓・つけ太鼓3、大鼓(おおつつみ)・大皮6、小鼓(こつつみ)・小皮14、笛1で構成されています。
三和祇園囃子は茨城県無形民俗文化財に指定されています

03月:第一回子ども民俗芸能交流会 「三和祇園ばやし」08写真帖」をご覧ください。

2008年3月16日 (日)

03月:子ども民俗芸能交流会 「子ども二人三番叟」

文化を受け継ぐ・伝統を育むこころ 子ども民俗芸能交流会 
開催日:平成20年3月16日(日)午前10時50分から午後3時(昼休み無し)
会 場:大和ふれあいセンター(シトラス)ホール
    桜川市羽田989-1

真壁小学校 人形浄瑠璃みらい座 「子ども二人三番叟Img_8414b4_4
 桜川市真壁町白井地区には江戸時代末期に始まった人形芝居があります。
平成16年「人形浄瑠璃真壁白井座」として80年ぶりに再演されたのを機会に、真壁小学校でも6学年の総合学習の時間に「みらい座」を結成。
「二人三番叟」は五穀豊穣、天下泰平を祝うにぎやかな舞です。
1体の人形を3人で動かす人形遣い、太夫、三味線の3部門が心を一つにして演じます。

 ・・・よろこびありやよろこびありや・・・めでたけれ・・・
人形遣いは主遣い、左遣い、足遣い3人の息があって芸の見せどころをうまくできました。
三味線は5人の調子がそろってお見事、太夫は台本を見ないで義太夫節を最後まで語り終えたことはすばらしい、しっかり勉強してきたことがうかがわれます。

 「真壁小学校 人形浄瑠璃みらい座 子ども二人三番叟写真帖をご覧ください。

続きを読む "03月:子ども民俗芸能交流会 「子ども二人三番叟」" »

03月:第1回子ども民俗芸能交流会(桜川市)

第1回子ども民俗芸能交流会 文化を受け継ぐ・伝統を育むこころ
開催日:平成20年3月16日(日)午前10時50分から午後3時(昼休み無し)
会 場:大和ふれあいセンター(シトラス)ホール
    桜川市羽田989-1
入場無料
主催:子ども民俗交流事業実行委員会
    〒300-4408茨城県桜川市真壁町真壁57-1 
    桜川市歴史民俗資料館内
共催:(財)げんでん ふれあい茨城財団・茨城県教育委員会
     ・古河市教育委員会・日立市教育委員会
     ・常陸大宮市教育委員会・桜川市教育委員会
後援:茨城県・桜川市・桜川市文化協会・茨城新聞社
     ・NHK水戸放送局・IBS茨城放送
協賛:文化庁委属事業 桜川市伝統文化こども教室

☆開会式
   ・開会の言葉 桜川市小学校お囃子グループ
 ・主催者あいさつ 
   実行委員長 市村恒(人形浄瑠璃真壁白井座保存会長)
 ・来賓あいさつ 桜川市長 中田浩

☆交流会
 1 子ども二人三番叟    
    桜川市 真壁小学校人形浄瑠璃みらい座
 2 三和祇園囃子        
    古河市 三和祇園囃子諸川子ども会
 3 常盤津「将門」        
     常陸大宮市 西塩子回り舞台保存会 常盤津教室
 4 真壁祇園囃子        
     桜川市 真壁小学校お囃子グループ
 5 中田永代太々神楽     
     古河市 中田永代太々神楽保存会
 6 水木のささら         
     日立市 水木ささら保存会
 7 加波山囃子         
     桜川市 大曽根加波山囃子保存会

  8 賛助公演 人形浄瑠璃「傾城阿波の鳴門 巡礼歌の段」 
      桜川市 人形浄瑠璃真壁白井座保存会

☆閉会式
 ・閉会のことば 
   桜川市 真壁小学校人形浄瑠璃みらい座
 ・主催者お礼のことば 
   実行副委員長 大貫孝夫(西塩子回り舞台保存会長)
 ・花束贈呈(ロビー) 
   桜川市伝統文化子ども教室 いけばなこども教室

☆文化庁委属事業 桜川市伝統文化こども教室発表会 会場ロビー
 1 きっさこ・子ども茶会 10時から11時
 2 花・こころ展      10時から15時
Img_8337b4 Img_8342b4 Img_8346b4 Img_8347b4 Img_8352b4_2 Img_8358b4

     

2007年3月21日 (水)

03月:青い妖精「舟曳き祭り」と「巫女舞」(福島県耶麻郡磐梯町)

祭り名:舟引き祭りと巫女舞  神社名;磐梯神社
(福島県重要無形民俗文化財)

場   所 :福島県耶麻郡磐梯町 磐梯神社境内
開催日 :毎年3月21日(春分の日)12時~15時
取材日 :平成18年03月21日

☆祭の見どころ☆
 なんと巫女舞の衣装がブルー 、青い妖精の舞が見られます。

☆祭の様子☆
 この日は11時頃より大変な雪が降り、帰る頃には車がすっぽりと雪に覆われました。
巫女舞役の女の子たちは長靴をはき、すそをたくし上げて、難儀しながら神社に集まりました。

*巫女舞*12:15~
巫女舞は幼稚園から中学生までの女の子が舞い手となり、お囃子は太鼓、小太鼓、つづみ、笛を大人が受け持ちます。
お囃子は一定のリズムの繰り返し、巫女舞は一定の所作の繰り返しです。
演目は「榊の舞」「弓の舞」「太刀の舞」。
 
 
*舟引き*14:00~
長さ2.7m、幅34cmの太い舟型の木の台に新たに編んだ俵を3俵積み重ねて幣束(へいそく)を1本立て、台の両端には長くて太い綱を2本ずつ縛りつけ東西の向きに置きます(もと俵には白米をいれたらしい)。一同が綱につかまると大太鼓を合図に引き始めます。近年引き手には地域の人々も加わっており3回引き合い、東が勝てば豊作で米の値段が上がり、西が勝てば凶作で米の値段が下がるといわれています。

*そばの振る舞い*
当日磐梯町そば打ち愛好会によるそばの振る舞い(無料)があります
磐梯町そば打ち愛好会は毎年11月の金砂郷そば打ちフェスティバルにも参加しています。祭りで知り合ったおじさんとフェスティバルでも顔をあわせることが出来ました。

また記念に紅白の饅頭をいただきました。

*撮影見学の方は雪への備えが必要です*
この日大雪のため帰り磐越道は通行止め、一般道は大渋滞で難儀しました。

「舟引き祭りと巫女舞」05写真帖をご覧ください。

Img_6435c

03月:鶴ケ城をバックに「会津彼岸獅子」(福島県会津若松氏)

祭り名:会津彼岸獅子

場   所 :福島県会津若松市 鶴ケ城およぶ市内各所
開催日 :毎年3月17日(彼岸入り)~23日(彼岸明け)
取材日 :平成16年03月21日

☆祭の見所☆
 白亜の会津鶴ケ城の本丸をバックに勇壮に舞う獅子舞。

☆祭の様子☆ 

 春の彼岸とはいえ城壁の影に雪の残る会津の春、伝統行事「会津彼岸獅子」が春を告げます。
会津彼岸獅子は1000年前、源義家が軍の士気を鼓舞するためにはじめたことが起源といわれています。
三体の獅子が笛と太鼓の音色に合わせ、豊作と家内安全を祈り、古式ゆかしい舞をみせながら市内を練り歩きます。

詳細日程は会津若松観光物産協会のホームページをご覧ください。

写真データ「会津彼岸獅子04写真帖」をご覧ください。

Img_0258c

2007年3月20日 (火)

03月:72年に一度「金砂大祭礼」(茨城県常陸太田市)

祭り名:金砂大祭礼 神社名;東金砂神社、西金砂神社

場   所 :茨城県常陸太田市~日立市
取材日 :平成15年03月22日~31日(次回開催は2075年です。)


☆祭の見所☆
 平安時代(851年)から72年に一度行われた磯出行列と田楽からなる祭りです。
天下泰平と五穀豊穣を願って
東金砂神社、西金砂神社を出発、日立市水木浜を折り返して7日間の日程でそれぞれの神社に戻りました。
東西の行列の出発日が3日間ずれているので、延べ10日間の日程です。

☆大田楽☆
 田楽舞は四段からなり、建国の神話を表現するするとともに、悪霊を追い払う所作、田に霊力を与える所作、五穀豊穣を祈る所作、農作物が良く出来るよう田の霊気を呼び覚ます所作などを表現しているといわれています。

「金砂大祭礼写真帖3月22日:山越え」へはここをクリックしてください。

「金砂大祭礼写真帖3月23日:中染め~芦間」へはここをクリックしてください。

「金砂大祭礼写真帖3月24日:馬場八幡宮大田楽」へはここをクリックしてください。

「金砂大祭礼写真帖3月24日:鯨が丘行列」へはここをクリックしてください。

(写真は順次UPしていきます。)

Img_5909a

その他のカテゴリー

01月:大寒みそぎ(茨城県鹿嶋市) | 02月:嵐除祭(茨城県常陸太田市) | 02月:烏よばり(茨城県笠間市) | 03月:古河桃まつり(茨城県古河市) | 03月:舟引き祭り(福島県磐梯町) | 03月:西金砂神社小祭礼(茨城県常陸太田市) | 04月:マダラ鬼神祭(茨城県桜川市) | 04月:マダラ鬼神祭(茨城県桜川市) | 04月:日立風流物(茨城県日立市) | 05月:太田若宮八幡宮 春季例大祭(常陸太田市) | 05月:御船祭(茨城県北茨城市) | 05月:花園のささら(茨城県北茨城市) | 08月:みなと八朔まつり | 11月:西塩子の回り舞台 | 11月:茨城県郷土民族芸能の集い | おかざき | おかめ | お囃子 | からす | きっちょい | ささら | ささら舞 | さとみソーラン会 | さんぎり | しゃぐま | つくばみらい市(旧谷和原村) | つつこ引き | てんまり | どんど焼き | なつめ | はねつき神事 | ひたち舞祭 | ひなまつり | ひょっとこ | ぶちかけ | ぶっきり | みんば | ガマの油売り口上_ | コスキンパレード | ワーホイ | 一人立三匹獅子舞 | 七会村(現城里町) | 三匹獅子 | 三和祇園囃子 | 三和祇園囃子諸川子ども会__ | 上巳(じょうし)の節供 | 中田永代太々神楽 | 二人三番叟 | 五穀豊穣 | 五行の舞(ごぎょうのまい)」 | 享保雛 | 人形浄瑠璃 | 人形浄瑠璃みらい座 | 仮名手本忠臣蔵 | 伊達市保原町 | 伊邪那岐命(いざなぎのみこと) | 伊邪那美命(いざなみのみこと) | 会津彼岸獅子 | 会津若松市 | 修多羅寺 | 傾城阿波の鳴門 | 八乙女舞 | 出雲流神楽 | 北茨城市 | 十二座神楽 | 厳島神社 | 古河市 | 四苦八苦 | 国指定選択民俗芸能 | 地芝居「一の谷嫩軍記 熊谷陣屋の場」 | 城里町指定無形民族文化財 | 大杉神社 | 大津漁港 | 大鼓(おおつつみ)・大皮 | 天下泰平 | 天神ばやし | 太田若宮八幡宮 | 奇祭 | 奉賛会奉告祭 | 子ども民俗芸能交流会 | 子宝三番叟 | 安珍と清姫 | 寿式三番叟 | 小太鼓・つけ太鼓 | 小山市 | 小鼓(こつつみ)・小皮 | 岩戸神楽 | 巫女舞 | 常盤津「将門」 | 常陸大宮市 | 常陸太田市 | 平将門 | 廓話(くるわばなし) | 御輿渡御 | 念仏踊り | 悪疫退散 | 手古舞 | 日本三大流鏑馬 | 日立のささら | 日立市 | 春分の日 彼岸 | 春季例大祭 | 東金砂神社 | 柳橋岩戸神楽 | 柳橋歌舞伎保存会 | 柳橋永代太々神楽 | 柴燈護摩供養 | 栃木県の祭り | 桜川市(旧大和村) | 桜川市(旧真壁町) | 桜川村(現稲敷市) | 水府村(現常陸太田市) | 水戸八幡宮 | 水戸市 | 水木ささら | 水行 | 泉神社 | 浜大漁 | 浦安の舞 | 浪江町 | 海上徒御 | 滝夜叉姫(たきやしゃひめ) | 災厄防除 | 無病息災 | 獅子舞 | 田島祇園屋台歌舞伎保存会 | 田植え踊り | 田楽舞 | 田遊び | 白河市 | 白浪五人男 稲瀬川勢ぞろいの場 | 真壁白井座 | 真壁祇園囃子 | 破魔矢 | 磐梯町 | 磐梯神社 | 祇園祭 | 福島県の祭り | 福島県福島市 | 稚児・手古舞行列 | 稚児行列 | 笠間市 | 節分祭 | 胸形神社 | 花園神社 | 茨城県の祭り | 茨城県指定無形民俗文化財 | 菅原伝授手習い鑑 | 西塩子回り舞台保存会 | 西金砂神社 | 豊栄の舞 | 農村歌舞伎 | 農耕行事 | 近津神社 | 那岐・那美(なぎ・なみ)の舞 | 金棒ひき | 金砂大祭礼 | 雛まつり | 雨引山楽法寺 | 雨引観音 | 青砥稿花紅彩画」(あおとぞうしはなのにしきえ) | 高萩市 | 鬼踊り | 鳥追い | 鶴子舞 | 鹿島神宮 | 鹿嶋市 | 01月の祭り | 02月の祭り | 03月の祭り | 04月の祭り | 05月の祭り | 07月の祭り | 08月の祭り | 09月の祭り | 10月の祭り | 11月の祭り | 12月の祭り

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

08月:小張松下流綱火写真帖

  • 01二六三番叟(にろくさんばそう)
    からくり人形と花火がコラボレーション

08月:高岡流綱火写真帖

  • 10仕掛け花火
    ”くるくる”が火花を散らす

10月:西塩子の回り舞台・人形浄瑠璃「二人三番叟」

  • Img_1049a
    天下太平、五穀豊穣を祈願するお祝いの舞です。

10月:西塩子の回り舞台・歌舞伎「菅原伝授手習い鑑」写真帖

  • Img_0831a
    源蔵夫婦や松王丸夫婦が子を悼む場面が涙をさそいます。

10月:西塩子の回り舞台・舞踏常磐津「将門」写真帖

  • Img_0496a
    雷鳴がとどろく場面があり、雨乞いの意味を持たせて地方の祭礼で多く上演されます。

10月:西塩子の回り舞台・舞踏常磐津「子宝三番叟」写真帖

  • Img_0485a
    「三番叟」は天下泰平・五穀豊穣を祝して舞うおめでたい曲です。

10月:古殿八幡神社:流鏑馬写真帖

  • Img_3010a
    三重連の流鏑馬が見もの

11月:柴燈大護摩供法要・火渡り式写真帖

  • Img_2627a
    モクモクとあがる煙がすさまじい

11月:松明あかし写真帖

  • Img_1005a
    「大松明」をはじめ、ずらりと並んだ松明が夜空に炎を吹き上げる様は圧巻です。

11月:笠間稲荷神社神事流鏑馬(茨城県笠間市)

  • Img_1598a
    関東三大流鏑馬のひとつ。小笠原流の勇壮な流鏑馬です。

12月:加波山火渉祭写真帖02

  • P1010108a
    冬至の日、善男女が素足で火渡りをします。

12月:岩瀬の大飯まつり写真帖06本郷

  • Img_4270a
    大盛のご飯を食べるという奇妙な祭りです。

12月:岩瀬の大飯まつり写真帖06下泉

  • Img_4161a
    茨城県ではここだけのめずらしいお祭りです。

12月:岩瀬の大飯まつり写真帖04

  • Img_1540a
    八合の飯を盛ったモッソウ

12月:木幡の幡祭り写真帖

  • Img_4147a
    日本三大旗祭りのひとつ

最近のトラックバック