01月:高浜海岸元旦御輿渡御04写真帖

  • P1010064a
    元日の日の出とともに冷たい海を練り歩く。

01月:鍬の祭05写真帖

  • Img_1881a
    豊作を祈願する田遊びの神事

01月:真壁どんど焼き03写真帖

  • P1010022a
    小正月十四日に子どもたちが中心になっておこなう行事

01月:寒川の花桶かつぎ04写真帖

  • P1010004a
    振り袖姿の少女たちが花桶をかつぐ

01月:西丸山祈祷囃子04写真帖

  • P1010024a
    家内安全と五穀豊穣を祈る

01月:はねつき神事07写真帳

  • Img_5374a
    はねつきにより今年の豊凶を占います。

02月:嵐除祭06写真帖

  • Img_5041c
    全国的にも珍しい「田楽舞」が奉納されます。

02月:烏よばり07写真帖

  • Img_7333c
    豊作を烏(からす)で占う農耕行事

03月:会津彼岸獅子04写真帖

  • Img_0335c
    春まだ浅い会津にやってくる「会津彼岸獅子」、春の訪れを告げ使者。

03月:舟引き祭りと巫女舞05写真帖

  • Img_6481c
    青い妖精「巫女舞」に感激します。

03月:金砂大祭礼写真帖3月24日鯨が丘行列

  • P1010028c
    蔵の街並みを大行列が行きます。

04月:日立さくらまつり写真帖

  • Img_7232c
    日立風物、日立のささら、ひたち舞祭など楽しいイベントで楽しみましょう。

04月:摩多羅鬼神祭08写真帖

  • Img_0673c3
    京都・広隆寺の摩多羅祭とともに日本二大鬼神祭の一つといわれる雨引観音の「摩多羅鬼神祭」が8年ぶりに復活しました。

カテゴリー

無料ブログはココログ

2008年10月 6日 (月)

11月:西塩子の回り舞台・組立中

開催日:平成20年11月8日と9日 Img_0983c3
会 場:常陸大宮市大宮公民館塩田分館グランド
県内で11月に開かれる第23回国民文化祭の催しの一つとして、農村歌舞伎をはじめ伝統芸能が披露されます。

その回り舞台の組立作業が大変な労力を必要とします。
地区の人たちが総出、勤めの休日や稲刈りの合間に組立作業にかかります。(10月5日撮影)

ドーム屋根の竹の骨組みが完成し、竹の美しい曲線と縄目が見事な出来映えです。Img_1021c3 

 主柱を立てるための穴はあらかじめ掘ってあって、鉄の蓋をして土を被せてあります。柱を立てる時には、グランドを掘り起こして柱を立て、ガタ止めのくさびを打ち込みコモでカモフラージュします。

 主要な部材である丸太の柱や梁は番線で縛り、その上に荒縄で縛られています。 Img_1068c3

 前後の2本の梁で竹の根元部分をてこの原理を利用して支えて中央部分には柱のないドーム状の屋根を実現させています。

回り舞台の組立Img_1009c3_2
 西塩子に残っていた江戸時代後期のものと思える組立式回り舞台は、舞台の床の一部を回転させ、瞬時に場面転換できる仕組みで、日本最古のものです。

文政3年製の大幕Img_1098c3
 10月5日には練習風景のテレビ収録があり、組立中の舞台に大幕が引かれました。

2008年6月 3日 (火)

05月:太田若宮八幡宮 春季例大祭 浦安の舞 豊栄の舞(茨城県常陸太田市)

05月:太田若宮八幡宮 春季例大祭

祭り名:太田若宮八幡宮 春季例大祭・奉賛会奉告祭Img_0305c3x
神社名;太田若宮八幡宮

場   所 :茨城県常陸太田市宮本町2344
取材日 :平成20年05月11日(日)
天 候 :時折小雨、寒気から山背が吹く寒い一日
日 程 :午前9時50分 法被着用 拝殿に参進
      午前10時から10時30分 祭典・奉賛会奉告祭斎行(拝殿にて)
      午前10時30分より 奉納奉楽(午前の部)
      午前11時50分より 直会・祝賀会(参集殿)
      午後1時30分より 奉納奉楽(午後の部)
奉納奉楽の内容Img_0309c3x
   鶴子舞(八乙女舞、浦安の舞、豊栄の舞)/特設舞台
   常陸太田地ばやし保存会(神楽殿)
   常陸太田おはやし連(境内)
   常陸太田相撲甚句会(神楽殿)
   

☆祭の見所☆

「浦安の舞」Img_0320c3
 「天地(あめつち)の 神にそ祈る 朝なぎの 海のごとくに 波たたぬ世を」昭和天皇御製
戦争の気運が高まりつつある昭和15年、皇紀2600年祝典の際に、昭和天皇の御製を基に、時の宮内省楽長・多忠朝(おおのただとも)氏により作曲振付され、明治神宮に奉納されたものです。
名前の由来のように平和を祈るお神楽で、本来は4人か、8人の巫女が、上代の手振りを偲んで、厳かに、重々しく、典雅に舞うお神楽で、「扇の舞」と「鈴の舞」があります。

「豊栄の舞」Img_0324c3
 「朱(あけ)の雲わけうらうらと とよさか昇る朝日子(あさひこ)を 神のみかげと拝(おろが)めば その日その日の尊しや」
「地(つち)にこぼれし草の実の 芽生えて伸びて美(うるわ)しく 春秋飾る花見れば 神のめぐみの尊しや」

乙女舞とも言われ、 巫女は榊を右手に持って舞います。太陽に感謝し、五穀豊穣(ごこくほうじょう)を願う舞です。

2008年5月17日 (土)

05月:太田若宮八幡宮 春季例大祭八乙女舞(茨城県常陸太田市)

05月:太田若宮八幡宮 春季例大祭

祭り名:太田若宮八幡宮 春季例大祭・奉賛会奉告祭
神社名;太田若宮八幡宮

場   所 :茨城県常陸太田市宮本町2344
取材日 :平成20年05月11日(日)
天 候 :時折小雨、寒気から山背が吹く寒い一日
日 程 :午前9時50分 法被着用 拝殿に参進
      午前10時から10時30分 祭典・奉賛会奉告祭斎行(拝殿にて)
      午前10時30分より 奉納奉楽(午前の部)
      午前11時50分より 直会・祝賀会(参集殿)
      午後1時30分より 奉納奉楽(午後の部)
奉納奉楽の内容
   鶴子舞(八乙女舞、浦安の舞、豊栄の舞)/特設舞台
   常陸太田地ばやし保存会(神楽殿)
   常陸太田おはやし連(境内)
   常陸太田相撲甚句会(神楽殿)
   

☆祭の見所☆

「立鶴」
 鎌倉鶴岡八幡宮には、約800年の間、「八乙女も舞」(無形文化財)が祭りに奉納されています。

「舞鶴」
 太田若宮八幡宮には、義仁公と供に鶴子舞なる女性が鎌倉から来て祭祀を司ったとの言い伝えがあります。

「居鶴」
 秋田八幡神社には、明治時代まで、お祭りを司った鶴子なる女性の家系が続いていました。

「八乙女の舞」
 静御前が源義経を慕い舞を舞った跡に建立された鶴岡八幡宮の舞殿にて、氏子の子女が例大祭に奉納します。
 約800年の永きにわたって奉納され続け、無形文化財に指定されています。
鈴の持つ不可思議な強い霊力が、参詣者に及ぶよう鈴をひたすら振り続けます。

若宮八幡宮の巫女は昨年度鎌倉鶴岡八幡宮で習ってきました。

全国屈指の大けやきの新緑が空を覆いつくす境内に特設舞台が設けられ、氏子の子弟女子が雅な舞を披露してくれました。
(時折小雨、寒気から山背が吹く寒い一日)

鶴子舞について
 「佐竹義仁公が約600年前、鶴岡八幡宮の御分霊を舞鶴城中にまつる時に、鶴子なる女性が一緒に来てお祭りを司った」という伝えから、神前にて鶴子舞が舞われます。

Img_0290c3 Img_0293c3 Img_0294c3 Img_0296c3 Img_0297c3 Img_0299c3

2008年4月22日 (火)

04月:摩多羅鬼神祭(資料)

Img_0624c3 祭り名;摩多羅鬼神祭
寺院名;雨引山楽法寺(雨引観音)

場   所 :茨城県桜川市木本
開催日 :平成20年04月13日(日)午前11時~午後12時30分

○2008年(平成20年)4月17日茨城新聞
「桜川・雨引山8年ぶりマダラ鬼神祭」「踊りと破魔弓360年の伝統」
 8年ぶりに行われた「マダラ(摩多羅)鬼神祭」は13日、桜川市本木の雨引山楽法寺境内で行われた。鬼神が現れて寺を再興したとの故事にちなみ、360年前から伝えられた伝統ある祭りで、京都・広隆寺の「摩多羅祭」とともに日本二大鬼神祭と称されている。

 鬼神祭は、馬に乗って真っ赤な衣装に身を包んだ鬼神が、赤鬼、青鬼など5人のけん族、約20人の稚児などを従えて寺の急な石垣を登ってスタート。沿道には、アマチュアカメラマンがカメラを構え、盛んにシャッターを切っていた。

 続いて鬼神とけん族による鬼踊りが披露され、鬼神らは本堂から境内に向かい破魔矢を放った。破魔矢を持ち帰ると御利益があるとされ、49本の矢が飛ぶごとに、大きな歓声があがった。

○2008年(平成20年)4月15日茨城新聞
 日本二大鬼神祭の一つとされる雨引山楽法寺のマダラ(摩多羅)鬼神祭が13日、桜川市本木の同寺境内でおこなわれた。360年以上の歴史を誇り、8年ぶりの復活。境内には大勢の信者や観光客、アマチュアカメラマンが詰め掛けた。

 文明4(1472)年春に同寺が火災に遭った際、鬼神が現れて七日七夜で現在の観音堂を再興したとの言い伝えが元になり、寛永18(1641)年から行われ、京都・広隆寺の「摩多羅祭」と並び称される鬼神祭。

 同寺では2000年に行われて以降、駐車場問題などで鬼神祭は見送られていた。合併による桜川市誕生などで地元から復活を望む声が高まり、駐車場を整備して開催にこぎつけた。

 馬に乗った鬼神を先頭に、約20人の稚児など約130人の行列が参道の急な石段を登り、護摩祈祷の後、鬼神と赤鬼や青鬼など5人のけん族と鬼踊りを舞った。

 クライマックスは、本堂から鬼神たちが放つ破魔矢。鬼神が放った49本の矢を持ち帰ると無病息災、家内安全に御利益があるとされ、人々は競い合って矢をとろうとしていた。

○2008年(平成20年)4月15日毎日新聞
8年ぶり摩多羅鬼神祭 ☆桜川
 日本二大鬼神祭の一つといわれる桜川市本木の雨引観音の伝統の行事「摩多羅(まだら)鬼神祭」が13日、8年ぶりに復活し、盛大に行われた。

 境内で護摩がたかれ、6人の赤鬼、青鬼が鬼踊りを披露。続いて本堂の回廊で鬼たちが「四苦を払う」の意味から49本の矢を天に向かって射った。参拝者らは無病息災、家内安全などに御利益があるとされる矢を競い合うように拾い合った。

 室町時代、同観音が炎上した際、摩多羅鬼神が現れ、7日7夜で再建したという故事にちなみ、1641年から続けられてきた。00年を最後に途絶えていたが、地元の人たちの要望を受けて復活した。

2008年3月22日 (土)

子ども民俗芸能交流会 水木ささら

第1回子ども民俗芸能交流会 文化を受け継ぐ・伝統を育むこころ
開催日:平成20年3月16日(日)午前10時50分から午後3時(昼休み無し)
会 場:大和ふれあいセンター(シトラス)ホール
    桜川市羽田989-1

<b>水木ささら保存会</b>演目は「ささら舞」 Img_875c32
 水木ささらは、日立市水木町に鎮座する泉神社のご出社大祭のときに露払いとして神輿を先導する一人立三匹獅子舞です。
日立市内七つの集落に伝えられている獅子舞の一つです。
五穀豊穣や浜大漁、住民の安寧を祈って奉納されます。
舞の構成は、大獅子、中獅子、雌獅子の3頭と華やかに飾り付けられた「しゃぐま」が2~4人、このほかに金棒ひき、しの笛と警護が数人つきます。

日立のささら 茨城県指定無形民俗文化財
宮田ささら、会瀬ささら、大久保ささら、助川ささら、諏訪ささら、水木ささら、成沢ささら

2008年3月18日 (火)

03月:第1回子ども民俗芸能交流会 中田永代太々神楽

第1回子ども民俗芸能交流会 文化を受け継ぐ・伝統を育むこころ
開催日:平成20年3月16日(日)午前10時50分から午後3時(昼休み無し)
会 場:大和ふれあいセンター(シトラス)ホール
    桜川市羽田989-1

中田永代太々神楽  古河市 中田永代太々神楽保存会Img_8733c3
演目は「第二座 五行の舞(ごぎょうのまい)」
「第三座 那岐・那美(なぎ・なみ)の舞」
  (伊邪那岐命(いざなぎのみこと)、伊邪那美命(いざなみのみこと)の舞」)

 古河市中田町の鶴峯八幡神社に継承されている永代太々神楽。
江戸時代中期の享保10年(1725)に起こり、近郷近在の神職たちにより例大祭の時に奉納されてきました。
 神楽は「出雲流神楽」で「十二座神楽」とも呼ばれ、神話の天地開闢(てんちかいびゃく)の舞をはじめとして日本神話に登場する神々の舞です。
 無病息災、五穀豊穣、家内安全を祈願して奉納さています。

※五行の舞(ごぎょうのまい)、那岐・那美(なぎ・なみ)の舞の解説

柳橋岩戸神楽  (柳橋永代太々神楽)より
古河市柳橋(旧猿島郡総和町) 愛宕神社

第二座 五行の舞
 中央に黄色い幣束がおかれている。
そこに素面で、青、赤、白、黒の幣束をもち、右手に鈴の四人の舞手が現われる。
青は東、赤は南、白は西、黒は北の方角を、中央の黄色は土の神を表す。
 また、天地創世に必要な五元素を意味するともいわれ、黄の幣束の周りを舞うことは、国を堅固にすうるための舞であるといわれる。

第三座 那岐那美(なぎなみ)の舞
 伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)の二神が榊と鈴を持ち、中央と四方で右廻りや左廻りの舞を舞う。
 神々を生み出したとされているこの二神の喜びを表したもので、子孫繁栄あるいは開運を祈る舞である。

柳橋岩戸神楽(茨城県古河市)

柳橋岩戸神楽  (柳橋永代太々神楽)
古河市柳橋(旧猿島郡総和町) 愛宕神社

第二座 五行の舞
 中央に黄色い幣束がおかれている。
そこに素面で、青、赤、白、黒の幣束をもち、右手に鈴の四人の舞手が現われる。
青は東、赤は南、白は西、黒は北の方角を、中央の黄色は土の神を表す。
 また、天地創世に必要な五元素を意味するともいわれ、黄の幣束の周りを舞うことは、国を堅固にすうるための舞であるといわれる。

第三座 那岐那美(なぎなみ)の舞
 伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)の二神が榊と鈴を持ち、中央と四方で右廻りや左廻りの舞を舞う。
 神々を生み出したとされているこの二神の喜びを表したもので、子孫繁栄あるいは開運を祈る舞である。
(現地で配布のパンフレットより転記)

出雲-鷲宮の流れを汲む十二座神楽。平成3年に復興。

演目は、「奉幣之舞」、「五行之舞」、「那岐那美之舞」、「翁之舞」、「猿田之舞」、「蟇目(ひきめ)之舞」、「天狐白狐之舞」、「稲刈之舞」、「蛭子(ひるこ)之舞」、「尉(じょう)之舞」、「磐戸開之舞」、「山神之舞」

03月:第1回子ども民俗芸能交流会 真壁祇園囃子

第1回子ども民俗芸能交流会 文化を受け継ぐ・伝統を育むこころ
開催日:平成20年3月16日(日)午前10時50分から午後3時(昼休み無し)
会 場:大和ふれあいセンター(シトラス)ホール
    桜川市羽田989-1

真壁祇園囃子 真壁小学校 お囃子グループ
演目は「ぶちかけ」「おかめ」「みんば」「きっちょい」「さんぎり」「ひょっとこ」
 桜川市真壁地区を舞台とする夏祭り真壁祇園祭典では、各町の山車ごとににぎやかなお囃子が演奏され祭りを盛り立てます。
 普段は町内ごとに練習していますが、真壁小学校6学年の総合学習では、このお囃子をとり入れてグループを結成し、大太鼓1、小太鼓2、笛1、鉦2で演奏を披露します。
 真壁祇園祭典は「五所駒瀧神社の祭事」として国選択無形民俗文化財となっています

「たくさんの人に感動をあたえるお囃子のすばらしさを伝えたい」

詳細データは「03月:第一回子ども民俗芸能交流会 真壁祇園囃子08写真帖」をご覧ください。

2008年3月17日 (月)

03月:第1回子ども民俗芸能交流会 常盤津「将門」

第1回子ども民俗芸能交流会 文化を受け継ぐ・伝統を育むこころ
開催日:平成20年3月16日(日)午前10時50分から午後3時(昼休み無し)
会 場:大和ふれあいセンター(シトラス)ホール
    桜川市羽田989-1

 西塩子回り舞台保存会 常磐津教室 演目は「将門(まさかど)」 Img_8546b4
常陸大宮市の回り舞台は、丸太と青竹を縄で結わえて組み立てられた巨大なドーム型の回り舞台で、日本最古の組立式の農村歌舞伎舞台です。
 平成9年、江戸時代後期の道具を使い、半世紀ぶりに組み立てられました。
それを機会に、地元で歌舞伎の公演に取り組み、子どもたちも「子宝三番叟」「白浪五人男」、常磐津「将門」などの歌舞伎を披露しています。
(西塩子回り舞台は茨城県の 有形民俗文化財に指定されている。)

常陸大宮市 西塩子回り舞台保存会・常盤津教室の子どもたちが「将門」を見事に演じきりました。拍手喝采です。

常磐津「将門」 
本名題を「忍夜恋曲者(しのびよるこいはくせもの)」といい、常盤津の代表曲の一つ。

平将門滅亡の後その娘、滝夜叉姫(たきやしゃひめ)は、ガマの妖術を使ってお家の再興を図ろうとします。
平将門の残党討伐に下総まで下ってきた大宅太郎光圀(おおや たろう みつくに)を、将門の遺児滝夜叉姫(たきやしゃひめ)がガマの妖術と色香をもってたぶらかし、味方に引き入れようとするが見破られてしまうという筋書きで、壮大な怪奇美にあふれた舞踊劇です。

この曲は浄瑠璃も踊りも最高傑作とされる曲であり、栃木県烏山の山あげ祭りには数多く演じられています。

03月:第一回子ども民俗芸能交流会 「西塩子回り舞台・将門」08写真帖をご覧ください。

続きを読む "03月:第1回子ども民俗芸能交流会 常盤津「将門」" »

03月:子ども民俗芸能交流会 三和祇園囃子

第一回子ども民俗芸能交流会 
開催日:平成20年3月16日(日)午前10時50分から午後3時(昼休み無し)
会 場:大和ふれあいセンター(シトラス)ホール
    桜川市羽田989-1

三和祇園囃子 三和祇園囃子諸川子ども会 
演目は「からす」「おかざき」「ぶっきり」「てんまり」Img_8444b4
 古河市諸川にある長宮神社の夏の祭礼に演奏される祇園ばやし。
永享10年(1438)ごろ始まったと伝えられています。
五穀豊穣、災厄防除、悪疫退散の願いを込めて奉納されたもの。
 その昔、加波山神社の祭礼にも法楽されたことから、明治年間まで「加波山ばやし」ともよばれました。
 太鼓1、小太鼓・つけ太鼓3、大鼓(おおつつみ)・大皮6、小鼓(こつつみ)・小皮14、笛1で構成されています。
三和祇園囃子は茨城県無形民俗文化財に指定されています

03月:第一回子ども民俗芸能交流会 「三和祇園ばやし」08写真帖」をご覧ください。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01月:大寒みそぎ(茨城県鹿嶋市) | 02月:嵐除祭(茨城県常陸太田市) | 02月:烏よばり(茨城県笠間市) | 03月:古河桃まつり(茨城県古河市) | 03月:舟引き祭り(福島県磐梯町) | 03月:西金砂神社小祭礼(茨城県常陸太田市) | 04月:マダラ鬼神祭(茨城県桜川市) | 04月:マダラ鬼神祭(茨城県桜川市) | 04月:日立風流物(茨城県日立市) | 05月:太田若宮八幡宮 春季例大祭(常陸太田市) | 05月:御船祭(茨城県北茨城市) | 05月:花園のささら(茨城県北茨城市) | 08月:みなと八朔まつり | 11月:西塩子の回り舞台 | 11月:茨城県郷土民族芸能の集い | おかざき | おかめ | お囃子 | からす | きっちょい | ささら | ささら舞 | さとみソーラン会 | さんぎり | しゃぐま | つくばみらい市(旧谷和原村) | つつこ引き | てんまり | どんど焼き | なつめ | はねつき神事 | ひたち舞祭 | ひなまつり | ひょっとこ | ぶちかけ | ぶっきり | みんば | ガマの油売り口上_ | コスキンパレード | ワーホイ | 一人立三匹獅子舞 | 七会村(現城里町) | 三匹獅子 | 三和祇園囃子 | 三和祇園囃子諸川子ども会__ | 上巳(じょうし)の節供 | 中田永代太々神楽 | 二人三番叟 | 五穀豊穣 | 五行の舞(ごぎょうのまい)」 | 享保雛 | 人形浄瑠璃 | 人形浄瑠璃みらい座 | 仮名手本忠臣蔵 | 伊達市保原町 | 伊邪那岐命(いざなぎのみこと) | 伊邪那美命(いざなみのみこと) | 会津彼岸獅子 | 会津若松市 | 修多羅寺 | 傾城阿波の鳴門 | 八乙女舞 | 出雲流神楽 | 北茨城市 | 十二座神楽 | 厳島神社 | 古河市 | 四苦八苦 | 国指定選択民俗芸能 | 地芝居「一の谷嫩軍記 熊谷陣屋の場」 | 城里町指定無形民族文化財 | 大杉神社 | 大津漁港 | 大鼓(おおつつみ)・大皮 | 天下泰平 | 天神ばやし | 太田若宮八幡宮 | 奇祭 | 奉賛会奉告祭 | 子ども民俗芸能交流会 | 子宝三番叟 | 安珍と清姫 | 寿式三番叟 | 小太鼓・つけ太鼓 | 小山市 | 小鼓(こつつみ)・小皮 | 岩戸神楽 | 巫女舞 | 常盤津「将門」 | 常陸大宮市 | 常陸太田市 | 平将門 | 廓話(くるわばなし) | 御輿渡御 | 念仏踊り | 悪疫退散 | 手古舞 | 日本三大流鏑馬 | 日立のささら | 日立市 | 春分の日 彼岸 | 春季例大祭 | 東金砂神社 | 柳橋岩戸神楽 | 柳橋歌舞伎保存会 | 柳橋永代太々神楽 | 柴燈護摩供養 | 栃木県の祭り | 桜川市(旧大和村) | 桜川市(旧真壁町) | 桜川村(現稲敷市) | 水府村(現常陸太田市) | 水戸八幡宮 | 水戸市 | 水木ささら | 水行 | 泉神社 | 浜大漁 | 浦安の舞 | 浪江町 | 海上徒御 | 滝夜叉姫(たきやしゃひめ) | 災厄防除 | 無病息災 | 獅子舞 | 田島祇園屋台歌舞伎保存会 | 田植え踊り | 田楽舞 | 田遊び | 白河市 | 白浪五人男 稲瀬川勢ぞろいの場 | 真壁白井座 | 真壁祇園囃子 | 破魔矢 | 磐梯町 | 磐梯神社 | 祇園祭 | 福島県の祭り | 福島県福島市 | 稚児・手古舞行列 | 稚児行列 | 笠間市 | 節分祭 | 胸形神社 | 花園神社 | 茨城県の祭り | 茨城県指定無形民俗文化財 | 菅原伝授手習い鑑 | 西塩子回り舞台保存会 | 西金砂神社 | 豊栄の舞 | 農村歌舞伎 | 農耕行事 | 近津神社 | 那岐・那美(なぎ・なみ)の舞 | 金棒ひき | 金砂大祭礼 | 雛まつり | 雨引山楽法寺 | 雨引観音 | 青砥稿花紅彩画」(あおとぞうしはなのにしきえ) | 高萩市 | 鬼踊り | 鳥追い | 鶴子舞 | 鹿島神宮 | 鹿嶋市 | 01月の祭り | 02月の祭り | 03月の祭り | 04月の祭り | 05月の祭り | 07月の祭り | 08月の祭り | 09月の祭り | 10月の祭り | 11月の祭り | 12月の祭り

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

08月:小張松下流綱火写真帖

  • 01二六三番叟(にろくさんばそう)
    からくり人形と花火がコラボレーション

08月:高岡流綱火写真帖

  • 10仕掛け花火
    ”くるくる”が火花を散らす

10月:西塩子の回り舞台・人形浄瑠璃「二人三番叟」

  • Img_1049a
    天下太平、五穀豊穣を祈願するお祝いの舞です。

10月:西塩子の回り舞台・歌舞伎「菅原伝授手習い鑑」写真帖

  • Img_0831a
    源蔵夫婦や松王丸夫婦が子を悼む場面が涙をさそいます。

10月:西塩子の回り舞台・舞踏常磐津「将門」写真帖

  • Img_0496a
    雷鳴がとどろく場面があり、雨乞いの意味を持たせて地方の祭礼で多く上演されます。

10月:西塩子の回り舞台・舞踏常磐津「子宝三番叟」写真帖

  • Img_0485a
    「三番叟」は天下泰平・五穀豊穣を祝して舞うおめでたい曲です。

10月:古殿八幡神社:流鏑馬写真帖

  • Img_3010a
    三重連の流鏑馬が見もの

11月:柴燈大護摩供法要・火渡り式写真帖

  • Img_2627a
    モクモクとあがる煙がすさまじい

11月:松明あかし写真帖

  • Img_1005a
    「大松明」をはじめ、ずらりと並んだ松明が夜空に炎を吹き上げる様は圧巻です。

11月:笠間稲荷神社神事流鏑馬(茨城県笠間市)

  • Img_1598a
    関東三大流鏑馬のひとつ。小笠原流の勇壮な流鏑馬です。

12月:加波山火渉祭写真帖02

  • P1010108a
    冬至の日、善男女が素足で火渡りをします。

12月:岩瀬の大飯まつり写真帖06本郷

  • Img_4270a
    大盛のご飯を食べるという奇妙な祭りです。

12月:岩瀬の大飯まつり写真帖06下泉

  • Img_4161a
    茨城県ではここだけのめずらしいお祭りです。

12月:岩瀬の大飯まつり写真帖04

  • Img_1540a
    八合の飯を盛ったモッソウ

12月:木幡の幡祭り写真帖

  • Img_4147a
    日本三大旗祭りのひとつ

最近のトラックバック