01月:高浜海岸元旦御輿渡御04写真帖

  • P1010064a
    元日の日の出とともに冷たい海を練り歩く。

01月:鍬の祭05写真帖

  • Img_1881a
    豊作を祈願する田遊びの神事

01月:真壁どんど焼き03写真帖

  • P1010022a
    小正月十四日に子どもたちが中心になっておこなう行事

01月:寒川の花桶かつぎ04写真帖

  • P1010004a
    振り袖姿の少女たちが花桶をかつぐ

01月:西丸山祈祷囃子04写真帖

  • P1010024a
    家内安全と五穀豊穣を祈る

01月:はねつき神事07写真帳

  • Img_5374a
    はねつきにより今年の豊凶を占います。

02月:嵐除祭06写真帖

  • Img_5041c
    全国的にも珍しい「田楽舞」が奉納されます。

02月:烏よばり07写真帖

  • Img_7333c
    豊作を烏(からす)で占う農耕行事

03月:会津彼岸獅子04写真帖

  • Img_0335c
    春まだ浅い会津にやってくる「会津彼岸獅子」、春の訪れを告げ使者。

03月:舟引き祭りと巫女舞05写真帖

  • Img_6481c
    青い妖精「巫女舞」に感激します。

03月:金砂大祭礼写真帖3月24日鯨が丘行列

  • P1010028c
    蔵の街並みを大行列が行きます。

04月:日立さくらまつり写真帖

  • Img_7232c
    日立風物、日立のささら、ひたち舞祭など楽しいイベントで楽しみましょう。

04月:摩多羅鬼神祭08写真帖

  • Img_0673c3
    京都・広隆寺の摩多羅祭とともに日本二大鬼神祭の一つといわれる雨引観音の「摩多羅鬼神祭」が8年ぶりに復活しました。

カテゴリー

無料ブログはココログ

2008年8月 8日 (金)

08月:みなと八朔まつり(1)稚児・手古舞行列

祭り名;平成20年天満宮御祭禮Img_0205c3 みなと八朔まつり
神社名;
天満宮

☆祭の様子☆ 

行事日程
会場:ひたちなか市那珂湊市街地
平成20年7月31日(木)午前9時から
○年番龍之口町お宮参り(稚児・手古舞行列)

平成20年8月1日(金)午後6時から
○天満宮で例祭執行(天満宮にて)

平成20年8月2日(土)
○風流物(山車)巡行 午前9時から
○市指定無形民俗文化財・祭礼行列 午後5時30分から

平成20年8月3日(日)
○「みこし」お浜入り(和田町地先海岸)午前6時~午前10時
○風流物(山車)巡行 午前9時から
○市指定無形民俗文化財・祭礼行列 午後6時から

八朔祭
八朔とは、旧暦8月1日(朔日)の事で、今年の八朔は新暦8月31日ですが、八朔祭りの開催は必ずしも旧8月1日に固定していることもないようです。
 昔農作業を終えたこの頃に台風や病害虫の被害をこうむる事が多いため風雨を避け、順調な五穀豊穣を祈り豊漁を祈願して、地域の結束を強め家内安全を祈ることを目的として八朔祭を行う風習があります。
 天満宮祭礼行事のひとつとして、みなと八朔祭が行われます。
(昔、農作業・田植えは6月下旬から7月にかけておこなわれたのでしょうか。茨城県内数ヶ所の神社でお田植の祭事が伝承されていますが、7月に行われる神社があります。現在は5月連休が田植えの最盛期です。)

みなと八朔まつり 稚児・手古舞行列
 役員、稚児(男の子)、手古舞(女の子)など50人ほどが行列を組み、年番町龍ノ口町の事務所から出発、町内を回り天満宮へお宮参りです。天満宮で記念撮影後、さらに那珂湊の各町内を行列します。
最年少の女の子は4歳、とても夕方までは歩けない過酷な行列です。

 町内の人々は玄関先で手をふり、隣町の祭礼事務所前に差し掛かると最敬礼で行列を迎えます。

稚児・手古舞行列の構成
 先導車1台、役員2人、小頭:旗持ち一人、拍子木1人、金棒持ち2人、手古舞(女性5人、高校生2人、小学生6人?、幼児6人?)、稚児10人、役員10人、救護車1台。
行列の前後に交通整理役員4人。お囃子と町内への案内は先導車より流す。

 手古舞は長襦袢を右肌ぬぎ、 伊勢袴・手甲・脚絆・足袋・わらじを着けた装束で、花笠を背に、鉄棒(アルミ製ではない。8月3日に現地で手に持ってみたら案外重い物であった。ステンレス製か)を突き、 芸名を書いた提灯を持っています。前の女性は金棒で調子をとりながら歩いていきます。

 以前は那珂湊の芸者や17,8歳の娘が勢揃いしたが、最近は少子化のため4歳の幼児まで行列しなければ人数が揃わないそうです。
それにしても、小学生以下が那珂湊市中を夕方まで歩くというのはかわいそうなことです。

稚児・手古舞行列の意味
 お祭りでは山車の先導役として手古舞や金棒持ち(烏山山あげ祭りや日立水木のささらなど)がその役につきましたが、今日は山車や神輿がありません、手古舞行列だけです。
手古”舞”なので舞・踊りがあるかと訪ねましたが、舞・踊りはないとの返事でした。
これは推測するに、電話もテレビもないずっと古い時代に「明日からお祭りだよ、みんな見に来てね」とふれ歩く意味があったのではないでしょうか。

8月2・3日の神輿渡御行列では手古舞が露払いの役目を行います。

詳しい写真データは「08月:みなと八朔まつり 稚児・手古舞行列写真帖08」をご覧ください。

2006年9月 7日 (木)

08月:小張松下流綱火(茨城県つくばみらい市)

祭り名:小張松下流綱火  神社名;小張愛宕神社
(国指定重要無形民俗文化財)

場   所 :茨城県つくばみらい市小張(旧伊奈町)
開催日 :平成18年8月24日(水)午後7:00~9:00
取材日 :平成18年8月24日(水)

☆祭の見所☆ Img_5655a
からくり人形と仕掛け花火がコラボレーション、夜空に鮮やかに浮き上がります。日本では茨城県にしかないめずらしい祭りです。
☆祭の由来☆
慶長8年(1603)から小張城主となった松下石見守重綱が考案し戦勝祝いなどに陣中で演じられたのが始まりといわれています。
☆祭の様子☆
別名「三本綱からくり花火」と称し、10メートルほどの大柱3本を立て、3本の大綱と数本の小綱を張り巡らし、やぐらの上から空中で人形芝居を演じます。
☆芸題☆
今回の芸題は「二六三番叟」「大利根の舟遊山」「桃太郎鬼ヶ城の戦い」。
この他に「那須の与一の扇の的」「加藤清正トラ退治」「鯉の滝のぼり」「間宮林蔵の樺太探検」などがあります。
☆撮影ポイント☆
正面側が狭いので午後4時頃には現地に着いて場所取りをするのが先決です。
暗い中しかも花火の煙に巻かれるので撮影はしづらい。
花火自体はけっこう明るいのですが、めまぐるしくアチコチで花火に点火されるので、焦点が定まらない感じです。横綱火は2~3秒なので集中して準備しないと撮れません。難しいです。

2006年9月 6日 (水)

08月:高岡流綱火(茨城県つくばみらい市)

祭り名:高岡流綱火  神社名;高岡愛宕神社
(国指定重要無形民俗文化財)

場   所 :茨城県つくばみらい市高岡(旧伊奈町)
開催日 :平成18年8月23日(水)午後7:00~9:00
取材日 :平成18年8月23日(水)

☆祭の見所☆ Img_5241a
からくり人形と仕掛け花火がコラボレーション、夜空に鮮やかに浮き上がります。日本では茨城県にしかないめずらしい祭りです。
☆祭の由来☆
昔、祭りの時、大樹から舞い降りた赤と黒の蜘蛛が巣を作るのを見て暗示を受けた村人が編み出したと伝えられています。今その技術は、高岡地区に住む長男だけで組織された「伊奈高岡流綱火更進団」によって、継承されています。
☆祭の様子☆
祭りは「くりこみ」ではじまります。手製の花火「たてはな」(*1)「くるくる」を愛宕神社に向かって吹きかけると、あたり一面火の海になります。
「綱火」は神社境内に張りめぐらされた多数の綱の上で操り人形が物語りを演じます。舞台から綱を操り、人形を前後左右に動かすその技に目を見張るものがあります。
((*1)「たちはな」を「たてはな」に訂正しました、09-08-10)

☆芸題☆
今回の芸題は「二六三番叟」「浦島竜宮入り海辺の花園」「壮絶空中戦」。
この他に「お噺花咲爺」「安珍清姫、悲恋の場」「小野の道風蛙の場」「高岡丸の船遊び」「富士山の大巻狩」などがあります。

取材履歴:平成18年8月23日 平成15年8月23日 平成14年8月23日

2006年9月 4日 (月)

08月:南須釜念仏踊り(福島県玉川村)

祭り名:南須釜念仏踊り  寺名;東福寺
(福島県重要無形文化財)

場   所 :福島県玉川村南須釜
開催日 :平成18年8月14日(月)
 ☆祭の見所☆ Img_3944a
あどけさの残る少女たちによって踊られ、見るものを引き付けて離さない不思議な魅力があります。
☆祭の由来☆
寛延元年(1748)ころ念仏供養がされていたとの供養塔があるがその起源は定かではありません。昭和27年に大野ケサさんが途絶えていた踊りを再興させました。
☆祭の現状☆
念仏踊りの踊り子は5才から12才くらいまでの少女20名くらいで構成され、南須釜念仏保存会によって、踊りの指導や運営がおこなわれています。
お囃子は大人で鉦1、笛2,歌4人で行います。
☆祭の当日☆
午前08:00 南須釜集会所で支度
午前09:00 東福寺で踊る。
午前10:00 新盆の家を回って踊る。
午後12:00 終了
(新盆の家が少ないと早く終わる)
☆お囃子☆
さよの中山、ねずみ、こかじ、さんちょい、おみよ、松川、さいほい、しもつま
綾竹で・・・さよの中山、こかじ
         

取材履歴;平成18年8月14日 平成17年8月14日 平成16年8月14日 平成16年4月3日

2006年9月 1日 (金)

08月:真家のみたまおどり(茨城県石岡市)

祭り名:真家のみたまおどり      
茨城県指定無形民俗文化財:国選択無形民俗文化財

場   所:茨城県石岡市真家地区(旧八郷町)
開催日:平成18年8月15日(火)
取材日:平成18年8月15日(火) 
☆祭のあらまし☆
神仏を供養する念仏踊り      Img_4122a
起源は古く平安時代、不動寺福寿院の僧が踊って、「みたま」の供養をする念仏踊りを広めたと言われています。
日程 8:00明円寺
      この間は新盆の家3軒で踊る。
    11:15金龍寺
       昼食
    13:00戦没者忠霊塔前
    13:45新盆の家
    14:45福寿院

演目;七月の舞い、十六拍子の舞い

楽器;太鼓2個、笛3条、 びんささら3個

道具;まとい
    ながもの・・・・・とうしん トラ皮 みとし

☆撮影ポイント☆
真家地区の新盆の家を巡るので、置いて行かれないように祭の車について行くことが大切です。
取材履歴;平成18年8月15日 平成16年8月15日 平成14年8月15日

2006年8月20日 (日)

08月:笠間の祭り(茨城県笠間市)

祭り名:笠間の祭り

場   所:茨城県笠間市笠間 笠間稲荷神社周辺
開催日:平成18年8月16日(水)灯籠流し
     平成18年8月19日(土)パレード
取材日;平成18年8月19日(土)
☆祭のあらまし☆Img_5012a
青森に行かなくても笠間にねぶたが出現
まだまだ暑い夏の夜、笠間のまつり「神輿&ねぶた&光のパレード」が開かれました。青森からトレーラーで来たねぶた2基、市民手作りのオブジェ15基、神輿6基、跳ね人1000人が参加して、盛り上がっていました。

取材履歴;平成18年8月19日(土)、平成15年8月17日 平成14年8月24日
       
 

2006年8月17日 (木)

08月:大畑からかさ万灯(茨城県土浦市)

祭り名:大畑からかさ万灯   神社名;鷲神社   
国選択重要無形民俗文化財、茨城県無形民俗文化財

場   所:茨城県土浦市大畑(旧新治村)
開催日:平成18年8月15日(火)
取材日:平成18年8月15日(火)

☆祭のあらまし☆ Img_4665a_2
江戸時代中期頃から続く雨乞いの神事で、干ばつに悩まされた農民が雨を願って奉納したのが始まりと伝えられています。
☆行事進行☆
PM7:00~カラオケ大会、地元芸人による芸能、大川あけみショー、お囃子
PM9::00~仕掛け花火点火、からかさ万灯点火
☆見所☆
直径5m高さ6mの唐傘から火花が滝のように降り注ぐ様が圧巻です。
☆撮影ポイント☆

夕方5時頃からカメラを設置し待つこと4時間、9時すぎに点火して3分で、終わります。空が明るいうちに構図とピントを決めておくと良いでしょう。点火してから、アレコレ設定替えしている時間はありません。花火自体はけっこう明るくなります。P、TVでシャッターは切れます。

取材履歴:平成18年8月15日(火)、平成16年8月15日

その他のカテゴリー

01月:大寒みそぎ(茨城県鹿嶋市) 02月:嵐除祭(茨城県常陸太田市) 02月:烏よばり(茨城県笠間市) 03月:古河桃まつり(茨城県古河市) 03月:舟引き祭り(福島県磐梯町) 03月:西金砂神社小祭礼(茨城県常陸太田市) 04月:マダラ鬼神祭(茨城県桜川市) 04月:マダラ鬼神祭(茨城県桜川市) 04月:日立風流物(茨城県日立市) 05月:太田若宮八幡宮 春季例大祭(常陸太田市) 05月:御船祭(茨城県北茨城市) 05月:花園のささら(茨城県北茨城市) 08月:みなと八朔まつり 09月13日水海道大塚戸の綱火 10月:ひたち秋祭り 11月:西塩子の回り舞台 11月:茨城県郷土民族芸能の集い おかざき おかめ おっしゃい お囃子 かごまわし からす きっちょい きっちょめ ささら ささら舞 さとみソーラン会 さんぎり しゃぐま しょっきり つくばみらい市(旧谷和原村) つつこ引き てんまり どんど焼き なつめ はねつき神事 はやし舞 ひたち秋祭り ひたち舞祭 ひなまつり ひょっとこ ひょっとこばやし ぶちかけ ぶっきり みんば カーバイリ餅 ガマの油売り口上_ コスキンパレード ワーホイ 一人立三匹獅子舞 一言主神社 七会村(現城里町) 三切 三匹獅子 三和祇園囃子 三和祇園囃子諸川子ども会__ 上巳(じょうし)の節供 中田永代太々神楽 中野七頭舞 二人三番叟 五穀豊穣 五行の舞(ごぎょうのまい)」 享保雛 人形浄瑠璃 人形浄瑠璃みらい座 仮名手本忠臣蔵 伊達市保原町 伊邪那岐命(いざなぎのみこと) 伊邪那美命(いざなみのみこと) 会津彼岸獅子 会津若松市 修多羅寺 傾城阿波の鳴門 八乙女舞 冬至・南京・柚子 出雲流神楽 加波山囃子 北茨城市 十二座神楽 厳島神社 古河市 四苦八苦 国指定選択民俗芸能 地芝居「一の谷嫩軍記 熊谷陣屋の場」 城里町指定無形民族文化財 大助人形 大塚戸葛城流からくり綱火 大曽根加波山囃子 大杉神社 大津漁港 大鼓(おおつつみ)・大皮 天下泰平 天神ばやし 太田若宮八幡宮 奇祭 奉賛会奉告祭 子ども民俗芸能交流会 子宝三番叟 安珍と清姫 寿式三番叟 小太鼓・つけ太鼓 小山市 小鼓(こつつみ)・小皮 屋台囃子 岩戸神楽 巫女舞 師走13日 師走八日 常盤津「将門」 常総市 常陸大宮市 常陸太田おはやし連 常陸太田地ばやし保存会 常陸太田市 常陸太田相撲甚句会 平将門 廓話(くるわばなし) 御輿渡御 念仏踊り 悪疫退散 手古舞 日本三大流鏑馬 日立のささら 日立市 春分の日 彼岸 春季例大祭 木遣りばやし 東金砂神社 柳橋岩戸神楽 柳橋歌舞伎保存会 柳橋永代太々神楽 柴燈護摩供養 栃木県の祭り 桜川市(旧大和村) 桜川市(旧真壁町) 桜川村(現稲敷市) 歳暮 民俗行事12月 民俗行事12月(金砂郷) 水府村(現常陸太田市) 水戸八幡宮 水戸市 水木ささら 水行 泉神社 浜大漁 浦安の舞 浪江町 海上徒御 滝夜叉姫(たきやしゃひめ) 火男(ひょっとこ)ばやし 災厄防除 無病息災 獅子舞 田島祇園屋台歌舞伎保存会 田植え踊り 田楽舞 田遊び 白河市 白浪 白浪五人男 稲瀬川勢ぞろいの場 真壁白井座 真壁祇園囃子 破魔矢 磐戸神楽(古河市) 磐梯町 磐梯神社 祇園祭 福島県の祭り 福島県福島市 稚児・手古舞行列 稚児行列 笠間市 節分祭 胸形神社 花園神社 茨城県の祭り 茨城県指定無形民俗文化財 菅原伝授手習い鑑 藁宝殿(わら宝殿) 西塩子回り舞台保存会 西金砂神社 豊栄の舞 農村歌舞伎 農耕行事 近津神社 通りばやし 那岐・那美(なぎ・なみ)の舞 那須の与一 金棒ひき 金砂大祭礼 雛まつり 雨引山楽法寺 雨引観音 青砥稿花紅彩画」(あおとぞうしはなのにしきえ) 餅つきと門松づくり 高萩市 鬼踊り 鳥追い 鶴子舞 鹿島神宮 鹿嶋市 01月の祭り 02月の祭り 03月の祭り 04月の祭り 05月の祭り 07月の祭り 08月の祭り 09月の祭り 10月の祭り 11月の祭り 12月の祭り

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

08月:小張松下流綱火写真帖

  • 01二六三番叟(にろくさんばそう)
    からくり人形と花火がコラボレーション

08月:高岡流綱火写真帖

  • 10仕掛け花火
    ”くるくる”が火花を散らす

10月:西塩子の回り舞台・人形浄瑠璃「二人三番叟」

  • Img_1049a
    天下太平、五穀豊穣を祈願するお祝いの舞です。

10月:西塩子の回り舞台・歌舞伎「菅原伝授手習い鑑」写真帖

  • Img_0831a
    源蔵夫婦や松王丸夫婦が子を悼む場面が涙をさそいます。

10月:西塩子の回り舞台・舞踏常磐津「将門」写真帖

  • Img_0496a
    雷鳴がとどろく場面があり、雨乞いの意味を持たせて地方の祭礼で多く上演されます。

10月:西塩子の回り舞台・舞踏常磐津「子宝三番叟」写真帖

  • Img_0485a
    「三番叟」は天下泰平・五穀豊穣を祝して舞うおめでたい曲です。

10月:古殿八幡神社:流鏑馬写真帖

  • Img_3010a
    三重連の流鏑馬が見もの

11月:柴燈大護摩供法要・火渡り式写真帖

  • Img_2627a
    モクモクとあがる煙がすさまじい

11月:松明あかし写真帖

  • Img_1005a
    「大松明」をはじめ、ずらりと並んだ松明が夜空に炎を吹き上げる様は圧巻です。

11月:笠間稲荷神社神事流鏑馬(茨城県笠間市)

  • Img_1598a
    関東三大流鏑馬のひとつ。小笠原流の勇壮な流鏑馬です。

12月:加波山火渉祭写真帖02

  • P1010108a
    冬至の日、善男女が素足で火渡りをします。

12月:岩瀬の大飯まつり写真帖06本郷

  • Img_4270a
    大盛のご飯を食べるという奇妙な祭りです。

12月:岩瀬の大飯まつり写真帖06下泉

  • Img_4161a
    茨城県ではここだけのめずらしいお祭りです。

12月:岩瀬の大飯まつり写真帖04

  • Img_1540a
    八合の飯を盛ったモッソウ

12月:木幡の幡祭り写真帖

  • Img_4147a
    日本三大旗祭りのひとつ

最近のトラックバック