01月:高浜海岸元旦御輿渡御04写真帖

  • P1010064a
    元日の日の出とともに冷たい海を練り歩く。

01月:鍬の祭05写真帖

  • Img_1881a
    豊作を祈願する田遊びの神事

01月:真壁どんど焼き03写真帖

  • P1010022a
    小正月十四日に子どもたちが中心になっておこなう行事

01月:寒川の花桶かつぎ04写真帖

  • P1010004a
    振り袖姿の少女たちが花桶をかつぐ

01月:西丸山祈祷囃子04写真帖

  • P1010024a
    家内安全と五穀豊穣を祈る

01月:はねつき神事07写真帳

  • Img_5374a
    はねつきにより今年の豊凶を占います。

02月:嵐除祭06写真帖

  • Img_5041c
    全国的にも珍しい「田楽舞」が奉納されます。

02月:烏よばり07写真帖

  • Img_7333c
    豊作を烏(からす)で占う農耕行事

03月:会津彼岸獅子04写真帖

  • Img_0335c
    春まだ浅い会津にやってくる「会津彼岸獅子」、春の訪れを告げ使者。

03月:舟引き祭りと巫女舞05写真帖

  • Img_6481c
    青い妖精「巫女舞」に感激します。

03月:金砂大祭礼写真帖3月24日鯨が丘行列

  • P1010028c
    蔵の街並みを大行列が行きます。

04月:日立さくらまつり写真帖

  • Img_7232c
    日立風物、日立のささら、ひたち舞祭など楽しいイベントで楽しみましょう。

04月:摩多羅鬼神祭08写真帖

  • Img_0673c3
    京都・広隆寺の摩多羅祭とともに日本二大鬼神祭の一つといわれる雨引観音の「摩多羅鬼神祭」が8年ぶりに復活しました。

カテゴリー

無料ブログはココログ

2009年11月28日 (土)

茨城県郷土民族芸能の集い(2)浅川のささら(大子町)

◆平成21年度(第33回)茨城県郷土民族芸能の集い(3)浅川のささら(大子町)Img_009nsi
◆日時:[2009]平成21年11月28日(土)
◆会場:常陸太田市パルティーホール
◆目的:郷土伝統文化の普及と伝承

◎浅川のささら
 こんなによく跳ねる獅子舞はどこにもないのではないでしょうか、始めてみました。
10年くらい前、大子町に残る木造校舎や二宮金次郎像を収録していたころ、山裾の神社への入口に「浅川のささら」Img_0071keo の案内板をみて興味を抱き、いつかは取材したいと思いつつ、その機会がなく今日に至って、始めて見て感激した獅子舞です。

 浅川のささらは茨城県の最北の地八溝山の麓 大子町浅川地区に伝わる、一家の長男だけが継承する獅子舞で、熊野神社、近津神社の20年に一度の祭礼に際し、神輿の露払いとして演技する以外は門外不出となっているお祭りです。Img_0072bho

 獅子舞の舞台としては、しめ縄を張り、羽織袴の警護役が4名つく。
横笛役の羽織の襟袖に幣束を差しているのが独特。
獅子頭に取り付ける鶏の尾羽は1羽の鶏から2本しかとれない。尾羽を確保するため保存会で鶏を飼育していて、そのエサ代は大子町で負担していただいている。

この日、紹介された舞を順にメモするとImg_0079bau
舞1.かいどう・・・近津神社で神輿の出社のおり、露払いとして出社前に奉納される。
舞2.いれは・・・世の中の平和を祈る舞
舞3.うたたね・・全てのものの休息を意味する舞で、静かに舞う。
舞4.ふっくづし・・出陣を表現する勇ましい舞
舞5.すっこまい・・もっとも激しい舞
舞6.ししんまい・・勝利の喜びを表現している
舞7.とどのめ・・・締めくくりの舞
舞8.かいどう・・・神社にもどって舞うImg_0084low

◎浅川のささら (茨城県郷土民族芸能の集い出演者団体紹介パンフレットより:当日配布)
茨城県指定無形民族文化財
 浅川のささらは、大子町浅川の熊野神社、真弓神社および古来縁故のある下宮近津神社の祭礼に、神社の露払いとして出場する以外は門外不出となっている。
また、浅川の両鎮守の各20年に一度の正遷宮祭典に際しては、奉納獅子舞を演じるならわしになっている。Img_0085bhu
 獅子三頭は、太郎獅子、次郎獅子、女獅子と称し、笛の囃子に合わせて太鼓を打ちながら舞う。
獅子頭は水戸光圀公拝領のものと伝えられ、茨城県指定有形民族文化財となっている。

◎浅川のささらの由来 (淺川のささら保存会発行のパンフレットより:当日配布)
 淺川のささらは、大字浅川の熊野神社に伝わる獅子舞である。Img_0092rty
 伝承によれば、水戸義公の時代、久慈郡西金砂神社の田楽祭に当り、浅川のささらも自製の獅子頭で参加していたが、その際義公は領内の郷土芸能を鑑賞されており、浅川の獅子は、西金砂神社の獅子舞と共に義公の御前で演舞したところ、浅川の舞技巧妙を極めたので義公は大いに悦ばれ、褒美として公秘蔵の獅子頭三体を賜り、重ねて拝領の獅子頭でお礼のため再び熱演したところ、ますます公の御満悦を得、面目をあげて帰村したという。
現在の獅子舞がこの義公から拝領したもので、鎌倉時代の名工春日の作と伝えられる。Img_0096bgw
 
 獅子頭は現在熊野神社の宝物として収蔵庫に納められ、ささら獅子舞は浅川上・下の熊野神社、真弓両鎮守の出社祭典の時及び古来縁故のある下野宮近津神社の祭典には、神官の静粛なる清祓を受け神輿の露払いとして出場する以外は門外不出となっている。
また、浅川の両鎮守の各20年に一度の正遷宮祭典に際しては、奉納獅子舞を演じる慣わしになっている。

Img_0099njp

 獅子三頭は、その名を太郎死獅子(浅川太郎)、次郎獅子(水戸保内次郎)、女獅子と称し、舞の序列は右から太郎獅子、女獅子、次郎獅子の順に並んで10種の舞を奉納する。その曲名もまことに古典的で、悠遠な日本歴史にふさわしい。
 即ち、
    1.かいどう    2.いれは   3.ひいらいとうらい   4.おひやらひやろうImg_0105bgk
  5.おかざき    6.うたたね  7.ふっくづし       8.すっこまい
   9.しいんまい  10.とどのめ
 の舞である。

 舞手は、三人揃の襦袢に襷をかけ、かるさん、手差し、白足袋、麻裏草履をつけ、獅子頭をかぶり、胸下に太鼓を抱きバチを持つ。
囃方の笛吹は4人、紋付羽織袴、白足袋、麻裏草履、背襟に幣束を差し横笛を持つ。Img_0118bhy
 
 この7名は村内の青年で、永住性のある嫡男の中から神への奉仕者として、身体健康で品行方正、思想堅実な者を決定する。
新旧の交代は、熊野神社20年毎の正遷宮祭典に際し、旧手によって新手を教育養成し、新手は次の正遷宮祭典まで20年間は獅子に関する芸能の保存維持継承の絶対的責任を果たす義務を負う習わしである。

Img_0124bgo

 このように堅い約束事として伝承されているので、選ばれた7名は期間中堅実な身持ちを続けなければならないわけで、自然生活態度にもある種の制約を伴うことになるが、選ばれたものはこれを一家の名誉と考えている。

 また祭日には、獅子の宿となる家は古来仮行宮の出切る所に近く、選ばれた宿の家もまたこれを名誉としている。
Img_0129bgo

 浅川のささらは、江戸時代元禄年間より300有余年の伝統を受け継ぐ郷土の民俗芸能である。熊野神社及び真弓神社の氏子。趣旨賛同者では、「浅川のささら保存会」を組織して、この貴重な郷土芸能の保護と伝承にあたっている。

その他のカテゴリー

01月:大寒みそぎ(茨城県鹿嶋市) | 02月:嵐除祭(茨城県常陸太田市) | 02月:烏よばり(茨城県笠間市) | 03月:古河桃まつり(茨城県古河市) | 03月:舟引き祭り(福島県磐梯町) | 03月:西金砂神社小祭礼(茨城県常陸太田市) | 04月:マダラ鬼神祭(茨城県桜川市) | 04月:マダラ鬼神祭(茨城県桜川市) | 04月:日立風流物(茨城県日立市) | 05月:太田若宮八幡宮 春季例大祭(常陸太田市) | 05月:御船祭(茨城県北茨城市) | 05月:花園のささら(茨城県北茨城市) | 08月:みなと八朔まつり | 11月:西塩子の回り舞台 | 11月:茨城県郷土民族芸能の集い | おかざき | おかめ | お囃子 | からす | きっちょい | ささら | ささら舞 | さとみソーラン会 | さんぎり | しゃぐま | つくばみらい市(旧谷和原村) | つつこ引き | てんまり | どんど焼き | なつめ | はねつき神事 | ひたち舞祭 | ひなまつり | ひょっとこ | ぶちかけ | ぶっきり | みんば | ガマの油売り口上_ | コスキンパレード | ワーホイ | 一人立三匹獅子舞 | 七会村(現城里町) | 三匹獅子 | 三和祇園囃子 | 三和祇園囃子諸川子ども会__ | 上巳(じょうし)の節供 | 中田永代太々神楽 | 二人三番叟 | 五穀豊穣 | 五行の舞(ごぎょうのまい)」 | 享保雛 | 人形浄瑠璃 | 人形浄瑠璃みらい座 | 仮名手本忠臣蔵 | 伊達市保原町 | 伊邪那岐命(いざなぎのみこと) | 伊邪那美命(いざなみのみこと) | 会津彼岸獅子 | 会津若松市 | 修多羅寺 | 傾城阿波の鳴門 | 八乙女舞 | 出雲流神楽 | 北茨城市 | 十二座神楽 | 厳島神社 | 古河市 | 四苦八苦 | 国指定選択民俗芸能 | 地芝居「一の谷嫩軍記 熊谷陣屋の場」 | 城里町指定無形民族文化財 | 大杉神社 | 大津漁港 | 大鼓(おおつつみ)・大皮 | 天下泰平 | 天神ばやし | 太田若宮八幡宮 | 奇祭 | 奉賛会奉告祭 | 子ども民俗芸能交流会 | 子宝三番叟 | 安珍と清姫 | 寿式三番叟 | 小太鼓・つけ太鼓 | 小山市 | 小鼓(こつつみ)・小皮 | 岩戸神楽 | 巫女舞 | 常盤津「将門」 | 常陸大宮市 | 常陸太田市 | 平将門 | 廓話(くるわばなし) | 御輿渡御 | 念仏踊り | 悪疫退散 | 手古舞 | 日本三大流鏑馬 | 日立のささら | 日立市 | 春分の日 彼岸 | 春季例大祭 | 東金砂神社 | 柳橋岩戸神楽 | 柳橋歌舞伎保存会 | 柳橋永代太々神楽 | 柴燈護摩供養 | 栃木県の祭り | 桜川市(旧大和村) | 桜川市(旧真壁町) | 桜川村(現稲敷市) | 水府村(現常陸太田市) | 水戸八幡宮 | 水戸市 | 水木ささら | 水行 | 泉神社 | 浜大漁 | 浦安の舞 | 浪江町 | 海上徒御 | 滝夜叉姫(たきやしゃひめ) | 災厄防除 | 無病息災 | 獅子舞 | 田島祇園屋台歌舞伎保存会 | 田植え踊り | 田楽舞 | 田遊び | 白河市 | 白浪五人男 稲瀬川勢ぞろいの場 | 真壁白井座 | 真壁祇園囃子 | 破魔矢 | 磐梯町 | 磐梯神社 | 祇園祭 | 福島県の祭り | 福島県福島市 | 稚児・手古舞行列 | 稚児行列 | 笠間市 | 節分祭 | 胸形神社 | 花園神社 | 茨城県の祭り | 茨城県指定無形民俗文化財 | 菅原伝授手習い鑑 | 西塩子回り舞台保存会 | 西金砂神社 | 豊栄の舞 | 農村歌舞伎 | 農耕行事 | 近津神社 | 那岐・那美(なぎ・なみ)の舞 | 金棒ひき | 金砂大祭礼 | 雛まつり | 雨引山楽法寺 | 雨引観音 | 青砥稿花紅彩画」(あおとぞうしはなのにしきえ) | 高萩市 | 鬼踊り | 鳥追い | 鶴子舞 | 鹿島神宮 | 鹿嶋市 | 01月の祭り | 02月の祭り | 03月の祭り | 04月の祭り | 05月の祭り | 07月の祭り | 08月の祭り | 09月の祭り | 10月の祭り | 11月の祭り | 12月の祭り

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

08月:小張松下流綱火写真帖

  • 01二六三番叟(にろくさんばそう)
    からくり人形と花火がコラボレーション

08月:高岡流綱火写真帖

  • 10仕掛け花火
    ”くるくる”が火花を散らす

10月:西塩子の回り舞台・人形浄瑠璃「二人三番叟」

  • Img_1049a
    天下太平、五穀豊穣を祈願するお祝いの舞です。

10月:西塩子の回り舞台・歌舞伎「菅原伝授手習い鑑」写真帖

  • Img_0831a
    源蔵夫婦や松王丸夫婦が子を悼む場面が涙をさそいます。

10月:西塩子の回り舞台・舞踏常磐津「将門」写真帖

  • Img_0496a
    雷鳴がとどろく場面があり、雨乞いの意味を持たせて地方の祭礼で多く上演されます。

10月:西塩子の回り舞台・舞踏常磐津「子宝三番叟」写真帖

  • Img_0485a
    「三番叟」は天下泰平・五穀豊穣を祝して舞うおめでたい曲です。

10月:古殿八幡神社:流鏑馬写真帖

  • Img_3010a
    三重連の流鏑馬が見もの

11月:柴燈大護摩供法要・火渡り式写真帖

  • Img_2627a
    モクモクとあがる煙がすさまじい

11月:松明あかし写真帖

  • Img_1005a
    「大松明」をはじめ、ずらりと並んだ松明が夜空に炎を吹き上げる様は圧巻です。

11月:笠間稲荷神社神事流鏑馬(茨城県笠間市)

  • Img_1598a
    関東三大流鏑馬のひとつ。小笠原流の勇壮な流鏑馬です。

12月:加波山火渉祭写真帖02

  • P1010108a
    冬至の日、善男女が素足で火渡りをします。

12月:岩瀬の大飯まつり写真帖06本郷

  • Img_4270a
    大盛のご飯を食べるという奇妙な祭りです。

12月:岩瀬の大飯まつり写真帖06下泉

  • Img_4161a
    茨城県ではここだけのめずらしいお祭りです。

12月:岩瀬の大飯まつり写真帖04

  • Img_1540a
    八合の飯を盛ったモッソウ

12月:木幡の幡祭り写真帖

  • Img_4147a
    日本三大旗祭りのひとつ

最近のトラックバック