01月:高浜海岸元旦御輿渡御04写真帖

  • P1010064a
    元日の日の出とともに冷たい海を練り歩く。

01月:鍬の祭05写真帖

  • Img_1881a
    豊作を祈願する田遊びの神事

01月:真壁どんど焼き03写真帖

  • P1010022a
    小正月十四日に子どもたちが中心になっておこなう行事

01月:寒川の花桶かつぎ04写真帖

  • P1010004a
    振り袖姿の少女たちが花桶をかつぐ

01月:西丸山祈祷囃子04写真帖

  • P1010024a
    家内安全と五穀豊穣を祈る

01月:はねつき神事07写真帳

  • Img_5374a
    はねつきにより今年の豊凶を占います。

02月:嵐除祭06写真帖

  • Img_5041c
    全国的にも珍しい「田楽舞」が奉納されます。

02月:烏よばり07写真帖

  • Img_7333c
    豊作を烏(からす)で占う農耕行事

03月:会津彼岸獅子04写真帖

  • Img_0335c
    春まだ浅い会津にやってくる「会津彼岸獅子」、春の訪れを告げ使者。

03月:舟引き祭りと巫女舞05写真帖

  • Img_6481c
    青い妖精「巫女舞」に感激します。

03月:金砂大祭礼写真帖3月24日鯨が丘行列

  • P1010028c
    蔵の街並みを大行列が行きます。

04月:日立さくらまつり写真帖

  • Img_7232c
    日立風物、日立のささら、ひたち舞祭など楽しいイベントで楽しみましょう。

04月:摩多羅鬼神祭08写真帖

  • Img_0673c3
    京都・広隆寺の摩多羅祭とともに日本二大鬼神祭の一つといわれる雨引観音の「摩多羅鬼神祭」が8年ぶりに復活しました。

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 茨城県郷土民族芸能の集い(2)浅川のささら(大子町) | トップページ | 雛まつり・上巳の節供 »

2009年11月28日 (土)

茨城県郷土民族芸能の集い(3)八木節源太踊り

◆平成21年度(第33回)茨城県郷土民族芸能の集い(2)八木節源太踊りImg_0219ase
◆日時:[2009]平成21年11月28日(土)12:50 16:10
◆会場:常陸太田市パルティーホール
◆目的:郷土伝統文化の普及と伝承

八木節源太踊り

 歌は賑やか、踊りは華やか、いつ見ても楽しい踊りで見る者を元気にしてくれる魅力があります。和製ヒップホップダンスか、舞祭で踊っても拍手喝采を得られるでしょう。Img_0220mju

 保存会は再々発足後35年経過してますます活発に活動しています。小学生から高校生まで多くの子どもたちが保存会に参加しているという羨ましい踊りです。

 踊りの種類は、安笠・双笠・流笠・車笠・弓張笠・相笠・番笠等がある中で、子どもたちは、弓張笠を踊ることを目標に日夜励んでいるそうです。

 八木節は約100年前に「掘込源太」が作ったといわれていますが、決まった歌詞はなImg_0225mki く、自由に作詞できるよさがあり、七・七調で歌われます。
 
 小道具も花笠や扇子、唐傘などを駆使して、観客が楽しめるような趣向がなされています。
踊るテンポが速く小気味良い所作で、踊るも楽しい、見るも楽しい演目でした。

この日披露された演目をメモします。
・安笠・・・口上はあいさつ源太Img_0234mju
・車笠・・・口上は国定忠治
・流笠・・・口上は荒神山
・弓張笠・・・口上は国定忠治


八木節源太踊りの紹介1(城里町)
(平成21年度(第33回)茨城県郷土民族芸能の集い出演者団体紹介パンフレットより:当日配布)

城里町指定無形民族文化財Img_0240bgt

 下赤沢地区に伝わる八木節源太踊りは、明治時代にやってきた芝居一座の宿に、地元の若者たちが連日遊びに行き、役者の練習を見ながらこの踊りを覚えたのが始まりと言われています。

 主に地元の神社や寺などで例年奉納されるほか、依頼を受けて公演を行っています。
踊りは、花笠や番傘を持ち八木節の早い拍子に合わせて踊るとても激しい踊りで、大太鼓、小太鼓、笛、鉦、鼓のお囃子と音頭の歌声がとても賑Img_0247bgt やかな印象を与え踊りをいっそう盛り上げています。
 
 演目は、安笠、流笠、車笠、双笠、弓張笠などがあり、そのなかでも弓張笠は非常にダイナミックで華やかな踊りです。子どもたちは、弓張笠を踊ることを目標に日夜練習に励んでいます。

催行日
月29日(昭和の日)「徳蔵大師祭」
7月下旬の下赤沢地区にある鹿島神社の祇園祭り(隔年実施)

八木節源太踊りの紹介2(城里町)
(平成15年度茨城県郷土民族芸能の集い出演記録パンフレットより)
◆管理者:下赤沢民俗芸能保存会
◆所在地:七会村下赤沢150(現城里町)
◆指定:城里町指定無形民族文化財 平成10年4月23日指定

 明治38年日露戦争の戦勝記念に、栃木県芳賀郡茂木町の地芝居を七会村に招きました。
当時娯楽の少ない村では、若者が連日、一座の宿に遊びに行き、役者の練習を見ながらこの踊りを覚えたと伝えています。

 一座の演じた歌舞伎は、4幕12景でありましたが、その中に八木節源太踊りがありました。
それから2~3年後の鹿島神社の夏祭りで若者たちがこの踊りを演じるようになりました。
踊りの基本は、八木節であるので、テンポは速く、激しい踊りです。
今回は「安笠」、「流し笠」、「弓張り笠」を公開します。

« 茨城県郷土民族芸能の集い(2)浅川のささら(大子町) | トップページ | 雛まつり・上巳の節供 »

コメント

ブランドコピー専門通販店
人気ブランドコピー専門通販店
この世界大人気のブランド新作、
業内最高のランクの品質、
最激安の価格で激安ブランドバッグ、
ブランド財布コピー、ブランドアクセサリー、
高級ブランド時計コピーなどのブランドコピー品が品揃え!
いろいろ超人気ブランド コピー春夏新作が続々入荷します。
お綺麗を展示ため、ぜひおすすめです。

La voyance est ma véritable passion. Mon savoir, ma gentillesse, mon naturel, ma simplicité de vous dire votre avenir avec ma sincérité, mon sérieux et ma sensibilité. Mon engagement sur cette terre est d’apaiser, d’aider, d’apporter la lumière, l’espoir et de rendre le bonheur à tous ceux que la chance abandonne.

Différente des autres voyantes par mon expérience, mon savoir, mes prédictions, ainsi que ma capacité à découvrir et comprendre l’origine des problèmes font de moi une médium reconnue.

Pour commencer votre voyance visiter Mon site http://mediumtarotgratuit.net/ j’aborde les sujets qui vous préoccupent et vous tiennent à cœur. Ensuite c’est le moment où ma voyance se déclenche sous forme de ressentis, flashs, images; avec un mélange d’astrologie, d’intuition et de psychologie sur tout sur ma rubrique horoscope http://mediumtarotgratuit.net/Horoscope.php .

La justesse et la sincérité de mes propos vous toucherons au plus profond de vous même, vous convainquant s’il en était encore nécessaire de la valeur de mes dons naturels.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 茨城県郷土民族芸能の集い(2)浅川のささら(大子町) | トップページ | 雛まつり・上巳の節供 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

08月:小張松下流綱火写真帖

  • 01二六三番叟(にろくさんばそう)
    からくり人形と花火がコラボレーション

08月:高岡流綱火写真帖

  • 10仕掛け花火
    ”くるくる”が火花を散らす

10月:西塩子の回り舞台・人形浄瑠璃「二人三番叟」

  • Img_1049a
    天下太平、五穀豊穣を祈願するお祝いの舞です。

10月:西塩子の回り舞台・歌舞伎「菅原伝授手習い鑑」写真帖

  • Img_0831a
    源蔵夫婦や松王丸夫婦が子を悼む場面が涙をさそいます。

10月:西塩子の回り舞台・舞踏常磐津「将門」写真帖

  • Img_0496a
    雷鳴がとどろく場面があり、雨乞いの意味を持たせて地方の祭礼で多く上演されます。

10月:西塩子の回り舞台・舞踏常磐津「子宝三番叟」写真帖

  • Img_0485a
    「三番叟」は天下泰平・五穀豊穣を祝して舞うおめでたい曲です。

10月:古殿八幡神社:流鏑馬写真帖

  • Img_3010a
    三重連の流鏑馬が見もの

11月:柴燈大護摩供法要・火渡り式写真帖

  • Img_2627a
    モクモクとあがる煙がすさまじい

11月:松明あかし写真帖

  • Img_1005a
    「大松明」をはじめ、ずらりと並んだ松明が夜空に炎を吹き上げる様は圧巻です。

11月:笠間稲荷神社神事流鏑馬(茨城県笠間市)

  • Img_1598a
    関東三大流鏑馬のひとつ。小笠原流の勇壮な流鏑馬です。

12月:加波山火渉祭写真帖02

  • P1010108a
    冬至の日、善男女が素足で火渡りをします。

12月:岩瀬の大飯まつり写真帖06本郷

  • Img_4270a
    大盛のご飯を食べるという奇妙な祭りです。

12月:岩瀬の大飯まつり写真帖06下泉

  • Img_4161a
    茨城県ではここだけのめずらしいお祭りです。

12月:岩瀬の大飯まつり写真帖04

  • Img_1540a
    八合の飯を盛ったモッソウ

12月:木幡の幡祭り写真帖

  • Img_4147a
    日本三大旗祭りのひとつ

最近のトラックバック